スポンサーリンク

【WWE】「サードパーティ禁止令」への批判の声に対し、WWEが声明を発表。「資産を守ることが必要不可欠」

ニュース

先日、WWEの最高責任者であるビンス・マクマホンが選手たちのサードパーティ利用を禁止する命令を下していたことが明らかになりました。「サードパーティ」には、TwitchやYoutubeチャンネルなどが含まれると推測されています。この命令により、WWE所属の選手たちは「サードパーティ」を介したファンとの交流や新ブランドの確立、新たな収入源の確保ができなくなります。

【WWE】ビンス・マクマホンが選手に対しサードパーティの利用禁止を通達。個人でのYoutube、Twitchなどでの発信は終了?
WWEスーパースターは様々な形で自身の活動を発信しています。NEW DAYのエグゼビア・ウッズのYoutubeチャンネル"UpUpDownDown"は登録者数が221万人。アスカの"KanaChanTV"は40万人を超えています。AJスタイ...

この命令については様々な意見がありました。その多くは批判的なもので、2020年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙の候補者の1人だったアンドリュー・ヤンは、「名前やキャリアの数年間をコントロールし、Cameo.comのような良識的なサービスさえも禁止するにもかかわらず、選手たちは個人事業主扱いになっているのは馬鹿げている」とコメントしています。

また、「サードパーティ」という曖昧な言葉により、選手たちが困惑しているという報道もありました。

【WWE】ビンス・マクマホンによる「サードパーティ利用禁止令」により、選手たちが困惑していると報じられる
Wrestling Incは、ビンス・マクマホンが選手たちに対してサードパーティの利用禁止を命じ、10月2日までに中止しなければ厳しい措置を取ると通達したと報じました。「サードパーティ」にはTwitchやYoutubeチャンネルが含まれるも...

今日、WWEはサードパーティ禁止令についての声明を発表しました。その中には、WWE側の言い分が書かれています。

ディズニーやワーナー・ブラザースと同様に、我々はその知的財産、つまり、”The Fiend”ブレイ・ワイアットやローマン・レインズ、ビッグE、そしてブラウン・ストローマンといったステージネームのパフォーマーを創作し、宣伝し、投資しています。WWEに利益をもたらすキャラクターをコントロールし、利用することによって、パフォーマーたちに対してスポーツ・エンターテインメント産業の中でもハイレベルな補償をすることが可能なのです。

契約書の文言に関わらず、当社の成功のためには我々の素晴らしい資産を守ることが必要不可欠です。そして、個人レベルではなく、会社全体としてサードパーティと提携することも必須です。これにより、すべての関係者により多くの価値を提供することになります。

新型コロナウイルスのパンデミックによってグッズ売上のボーナスが少なくなっている選手たちにとって、「サードパーティ」の重要性は高まっていました。次回の番組収録時に詳しい説明があるだろう、という報道もありましたが、選手たちが納得するかどうかはわかりません。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ブロディ・リー(ルーク・ハーパー)が新日本プロレスに参戦可能な契約を結んでいることを明かす
22020年3月にAEWに入団したブロディ・リー。Dark Orderのリーダーとして活躍し、現在はTNT王座のベルトを腰に巻いています。 2019年4月に当時所属していたWWEからのリリースを要求していたにもかかわらずこれを...
【WWE】番組から姿を消しているダニエル・ブライアン。出演しない理由は何なのか?
2020年6月以降、WWEの番組から姿を消しているダニエル・ブライアン。大人気のスター選手が出演しない理由は何なのでしょうか? レスリング・オブザーバーによれば、6月から8月までにWWEパフォーマンス・センターでの収録に参加し...
タイトルとURLをコピーしました