スポンサーリンク

ジョーイ・ライアンが#SpeakingOutムーブメントで彼の過去を告発した人物を含むグループに訴訟を起こす

ニュース

2020年6月にTwitterで大騒ぎになったハッシュタグ”#SpeakingOut”。プロレスラーたちが過去に犯した非行を多くの人物が告発しました。その多くは性的なもので、告発がきっかけで多くを失ったレスラーが現れるなど、業界全体に大きな影響を与えました。

性的暴行疑惑が浮上したジョーイ・ライアン率いるBar Wrestlingが活動停止
盛り上がりを見せるレスラーの問題行為を告発するTwitterのハッシュタグ"#SpeakingOut"。複数の女性への性的暴行が告発されたジョーイ・ライアンのキャリアに大きな影響が出ています。 SoCal Uncensored...
【WWE】マット・リドルへの煽りに#SpeakingOutムーブメントを利用したキング・コービンに批判の声
PPV"Payback"で対戦したマット・リドルとキング・コービン。試合はリドルが勝利しましたが、試合前にコービンがTwitterに投稿したリドルへの煽りが一部のファンから批判されています。 その煽りの内容とは…… 今夜、マ...

女性への性的暴行を告発されたジョーイ・ライアンは、所属していたインパクト・レスリングから解雇されただけでなく、自身が運営していたインディ団体”Bar Wrestling”が活動を停止するなど、”#SpeakingOut”によって特に大きな影響を受けた人物の1人です。

SNS上では彼に対する非難の声が多く上がり、かつてのようなエロキャラが通用しない状態になっています。中には度を越した批判もありました。

そうした声に対し、ライアンは訴訟を起こすという形で抵抗しています。過去に2件の訴訟が確認されていましたが、PWInsiderによれば、最近新たに1件の訴訟を起こしたそうです。今回はカナダ在住の告発者も含まれているとのこと。

騒動によって失われたものを取り戻そうと努力しているライアンですが、一体どうなるのでしょうか……。キャリアの立て直しは大変そうです。

(PWInsider, SESCOOPS)

あわせて読みたい

カイリ・セインが日本でWWEプロモーションサポーターとして活動することを発表する
2020年7月にWWEから去り、日本に戻ったカイリ・セイン。WWEとは友好関係を継続しており、帰国以前から日本でWWE関連の仕事をするのではないかと噂されていました。 今日、カイリはTwitterでWWEプロモーションサポータ...
【WWE】選手のTwitchアカウントをWWEが管理することになると報じられる
WWEに所属している選手たちは様々な形でファンとの交流を行っています。Youtubeにチャンネルを開設する人もいれば、Twitchなどでライブ配信を行い、ファンからの質問に答える人も。ファンにとってはありがたいことですが、WWEにとってはそ...
タイトルとURLをコピーしました