スポンサーリンク

【WWE】成長中の米メディアのCEO、エリカ・ナルディーニが取締役会に選出される。ビンス・マクマホンも絶賛する彼女の正体とは

ニュース

今日、WWEは取締役会にエリカ・ナルディーニが選出されたことを発表しました。

ナルディーニは米メディア「バースツール・スポーツ」のCEO。マイクロソフト、AOL、ヤフーなどでのキャリアを持ち、バースツール・スポーツを大きく成長させたことが評価されている人物です。WWEのプレスリリースによれば、2016年に彼女が初代CEOに就任して以来、同社はインターネット上で最も急成長しているライフスタイルブランドの1つと見做されるようになり、現在は何億ドルもの収益を上げているそうです。

バースツール・スポーツのメインは記事コンテンツでしたが、現在では人気Podcast番組を手掛けるほか、グッズ事業やアマチュアボクシングのプロモーションなど、事業は多様化しています。

彼女の業績はWWEの最高責任者ビンス・マクマホンも高く評価しています。

エリカは、ビジネス構築や開発体験の素晴らしい実績を持ち、メディアの生態系を超えて様々なオーディエンスを魅了してきた、経験豊富な経営者です。彼女の起業家精神、ビジネスの洞察力、そして今日の消費者に対する理解は、我々の取締役会を完璧に補強してくれるでしょう。

ナルディーニは、チーフ・ブランド・オフィサーのステファニー・マクマホン、トラベルチャンネルの元社長ローリーン・オングに続き、取締役会に加わる3人目の女性になります。

WWE® Elects Erika Nardini to Board of Directors
WWE® Elects Erika Nardini to Board of Directors

あわせて読みたい

女子プロレスを題材にしたNetflixのドラマ"GLOW"、新型コロナウイルスの影響で最新シーズンの撮影が打ち切りに
Netflixが配信している1980年代の南カリフォルニア・南ネバダを舞台とした女子プロレスドラマ"GLOW"。世界中で愛されている作品ですが、残念ながら最新シリーズの撮影がキャンセルされてしまいました。 "GLOW"はシリー...
【WWE】マイク・ベネットが語るライターたちの仕事をめぐる問題点。「ビンスが受け入れなかったら仕事を失う」
WWEの番組制作にはライターの存在が書かせません。RAW・SmakcDown・NXTには多くの専属ライターが存在し、番組制作の一端を担っています。 時には批判の声を浴びせられることもありますが、基本的にほとんどの選手たちがライ...
タイトルとURLをコピーしました