スポンサーリンク

AEWが行う予定だったハウスショーの詳細が明らかに。年間開催数は20回、新日本プロレスとのバッティングは避ける?

ニュース

2019年に旗揚げしたAEWは、所属レスラーの健康や試合のクオリティを維持するため、他の大手団体と比べハウスショーの開催数を抑えることを計画しているとされていました。新型コロナウイルスのパンデミックが起きた影響で未だに一度も開催されたことはありませんが、その初期計画が明かされました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれは、その詳細は次のようなものだったそうです。

  • テレビ番組(Dyanmite)は年間52回放送
  • ハウスショーは年間20回開催
  • 新日本プロレスのビッグマッチがある週はハウスショーを開催しない

2019年9月にRajah.comが報じたハウスショーの詳細は、

  • テレビ番組やPPVを含めて年間興行数は100〜120回程度
  • ハウスショーは土曜日の夜に開催
  • トップレスラーは75回前後に調整される

というものでした。ちょっと違いますね。

AEWの年間興行数と「レスラーを守るための取り組み」。他団体との試合数の差が明確になる?
10月からウィークリー番組の放送が始まるAEW。番組の情報については、下の記事で紹介しています。 Rajah.comは、テレビ放送される興行以外の部分について報じています。 年間興行数は100〜120程度にな...

新日本のビッグマッチを避けるというのはコアな客層を意識してのことなのでしょうね。新日本を見なければならない日にハウスショーを開催しても客数伸びないだろうし……みたいな。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

AEWが1本のコンソールゲームと2本のモバイルゲームの開発を発表。"WWF No Mercy"のようなゲームを目指す
現地時間11月10日、AEWはYoutubeで新作ゲームに関するイベントを開催しました。 スティーブ・ジョブズのコスプレをして登場したケニー・オメガは、ユークスと共に開発している家庭用コンソール向けゲームのティーザー・ムービー...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロとカール・アンダーソンが新日本とインパクト・レスリングの提携の可能性に言及。「2021年の夏までには…」
アメリカで開催される"Super J-Cup"には、インパクト・レスリングからクリス・ベイが参戦します。しかし、TNA時代のインパクトに遠征していたオカダ・カズチカの待遇を巡って両団体の間には亀裂が入っており、新日本側は少なくとも2019年...
タイトルとURLをコピーしました