スポンサーリンク

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロとカール・アンダーソンが新日本とインパクト・レスリングの提携の可能性に言及。「2021年の夏までには…」

ニュース

アメリカで開催される”Super J-Cup”には、インパクト・レスリングからクリス・ベイが参戦します。しかし、TNA時代のインパクトに遠征していたオカダ・カズチカの待遇を巡って両団体の間には亀裂が入っており、新日本側は少なくとも2019年上半期まではインパクトに複雑な思いがあったとされています。

新日本プロレスはオカダ・カズチカの才能を見抜けなかったインパクト・レスリングのことを忘れていない
KES・鈴木軍のデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本プロレスを退団した件に付随して、いろいろなニュースが流れています。 ここで紹介するのはその中の1つ。 スミス・ジュニアの契約状況についておさらいしておきまし...

ところが、2019年下半期にはインパクトに定期参戦しているTJPが新日本の興行に参戦するようになり、そして今年、インパクトを代表してベイがJ-Cupに出場します。状況は変わってきているのかもしれません。

2020年4月にWWEから解雇された後、インパクトと契約したカール・アンダーソン&ドク・ギャローズは、新日本プロレスにも参戦可能な契約を結んでいます。Fightfulのインタビューの中で、ベイのJ-Cup参戦について、2人と共にPodcast番組やイベントを主催している新日本のロッキー・ロメロは次のように語っています。

彼が参加するということは、明らかにインパクトと新日本の関係を再構築する上で重要なことだと思う。[…]あちこちで小さな一歩を踏み出していると思うな。この先どうなるかはわからないけど、間違いなくいい方向に向かっていると考えているよ。両団体はここ数年間では最も友好的な状態だ。間違いない。そして、これは2人(ギャローズ&アンダーソン)と両団体の関係性の証だ。両団体にとって2人がいかに重要な存在か、そして深いリスペクトがあるかの証でもある。

興味深い発言ですね。ロッキーの立場から「両団体はここ数年間では最も友好的な状態」という発言が出るということの意味は大きいかもしれません。

また、アンダーソンは新日本とインパクトの関係についてこう語っています。

関係は完全に修復されると思うよ。インパクトには(オカダが遠征していた頃とは違う)全く新しい体制があるからね。

俺たちはすべてを修復するために一生懸命働いているんだ。2021年の夏までにはたくさんの大きな出来事が起きていると思う。特に、世界がパンデミックから開放されれば、プロレス界はひっくり返るよ。

新日本とAEW新日本とROHの関係にも注目が集まる中、インパクトとの関係にも大きな変化が訪れようとしているようです。

(Fightful)

あわせて読みたい

ディーボン・ダッドリーの双子の息子がAEW Darkに参戦
2018年にWWE殿堂入りを果たした伝説のタッグチーム「ダッドリー・ボーイズ(チーム3D)」の遺伝子がAEWに参戦します。 AEWのYoutube番組"AEW Dark"の最新回では、TNT(テレル & テレンス・ヒュ...
【AEW】ジョン・モクスリーがこれから始まるケニー・オメガとの抗争を語る。「前回とは全く異なる」
現地時間11月7日に放送されたAEWのPPV"Full Gear"では、AEW世界王座に関連した2つの試合が行われました。1つはケニー・オメガとハングマン・ペイジによる同王座のナンバーワンコン・テンダー・マッチ。もう1つは王者ジョン・モクス...
タイトルとURLをコピーしました