スポンサーリンク

【AEW】Codyが狙うファン層は「若者」。「子どもたちにも見てもらいたい」

ニュース インタビュー

AEWの副社長として大忙しの日々を送るCody。切れ者として団体を牽引する彼は、拡大を狙うべきファン層に「若者」を設定しています。

クリス・ジェリコのPodcast番組「Talk is Jericho」に出演したCodyは、若年層のファンを多く抱えることの重要性について、こう語っています。

ロースターの若さ、クリエイティブの若さ。トニー・カーン(社長)をリーダーとする番組の方向性。番組の方向性、芸術的なビジョン、タレント。私たちは視聴率について冗談を言うこともあるけど、本当は冗談なんかじゃないんだ。どんな番組にも言えることだけど、視聴率に注意を払わないと老け込んでしまうかもしれない。

私は自分の「素振り」を少しだけ綺麗なものに変えたんだけど、その理由は、もはや「うわべだけの行為」ではないからなんだよ。若いファン層を巻き込みたいんだ。若者、裕福層、クールな連中だけじゃなくて、子どもたちにも見てもらいたい。Dynamiteにはたくさんの勇気、バイオレンス、大人のコンテンツがある。良い奴も悪い奴もいるってことを知ってほしいんだ。

AEWの若いファンたちと視聴率はジョークでもなんでもない。ライバル番組について言うわけじゃないんだけどさ、もし若者が番組を見ていないなら、それを恐れるべきだ。恐れない人たちなんていないだろうけど、若者に興味を持たれていないのは絶対に恐れるべきことだよ。視聴者層が50歳以上に偏っているということは、将来的に視聴者を失うということを意味する。繰り返しになるけど、これはテレビ番組全体について言えることなんだ。WWEやAEWだけのことじゃない。

Dynamiteのライバル番組……つまりWWE・NXTは、若年層の視聴率が低く、50歳以上の視聴率が高いという特徴があります。それではいけない、という意識が強いようです。

Dynamiteは番組が始まった当初から若年層の視聴率が高く、今も彼らの興味を持続させることができています。彼らの興味関心を今以上に高めていくために、AEWは何をするのか?Codyの手腕に注目です。

(参考: Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】コルト・カバナが新日本プロレスに参戦可能な契約を結んでいると明かす
米インディ界の大物コルト・カバナは、2019年から2020年まで新日本プロレスに参戦していました。高い技術力に裏打ちされたコミカルなスタイルは新日本のファンにも愛されていましたが、彼がAEWと契約したことにより、参戦は途絶えることが予想され...
【ROH】ダルトン・キャッスルがフリーエージェントに
元ROH世界王座チャンピオンのダルトン・キャッスルがROHとの契約を満了し、フリーエージェントになったと報じられています。 キャッスルは2013年からROHに参戦。優れた表現力を持つアマレスの猛者として活躍し、2017年にRO...
タイトルとURLをコピーしました