スポンサーリンク

【WWE】レッスルマニア37を現地観戦できるファンの人数はどれくらい?マニア後の番組収録はどうなる?

ニュース

2021年のレッスルマニアは、4月10・11日にフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームズ・スタジアムで開催されます。人数は制限されるものの、観客を動員して行われることになっています。

新型コロナウイルスのパンデミックは今も続いていますが、WWEはどの程度の人数を客席に入れようとしているのでしょうか?

WrestleVotesによれば、1日25,000人、2日間で50,000人の動員を健闘しているそうです。レイモンド・ジェームズ・スタジアムの最大収容人数は65,647人なので、半分以下に抑えられることになります。

また、レッスルマニア後の番組収録をどのような形で行うかについても議論されているとのこと。2020年8月に導入された新感覚観戦システム”ThunderDome”は会場に大掛かりなセットを組むため、会場を長期間借りることが必要になります。このことはWWEにとって「頭痛の種」になっているとのこと。マニア後はプレコロナ時代のような全米ツアーの「緩やかな再開」を望む声も出てくるかもしれないそうです。

あわせて読みたい

AEWが女性選手による16人制トーナメントの開催を発表。志田光に挑戦できるのは誰?
女性部門の選手層の薄さが話題になりがちなAEW。2020年は志田光がAEW女子世界王座を防衛し続けましたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより里歩や坂崎ユカといった日本人選手を欠く中で盛り上がり作りに苦労しています。 今日...
【新日本プロレス】マイケル・エルガンが退団した背景には何があったのか?タマ・トンガとの間に確執
2019年3月、新日本プロレスはマイケル・エルガンが退団したことを発表しました。それから約2年が経った今、「彼がなぜ退団したのか」についての情報が飛び交っています。 発端はFightfulの報道でした。新日本内部の情報源によれ...
タイトルとURLをコピーしました