スポンサーリンク

【AEW】コルト・カバナが「コーチとしての活動」を語る。「みんなを最高のプロレスラーにしたい」

インタビュー

2020年3月からAEWに参戦しているコルト・カバナ。彼は新日本プロレスにも参戦可能な契約を結んでいますが、コロナ禍という状況もあって2020年2月以来の新日本参戦は実現していません。

【AEW】コルト・カバナが新日本プロレスに参戦可能な契約を結んでいると明かす
米インディ界の大物コルト・カバナは、2019年から2020年まで新日本プロレスに参戦していました。高い技術力に裏打ちされたコミカルなスタイルは新日本のファンにも愛されていましたが、彼がAEWと契約したことにより、参戦は途絶えることが予想され...

インディ界の大物として業界をサバイブし続けてきた彼は、AEWでコーチも担当しています。選手たちを指導する立場について、彼はこう語っています。

コーチもレスラーもやれるのは楽しいね。レスラーとしては、ジェリー・リン(2019年からコーチを務めているベテラン)から指導を受けたことはそう多くないけど、コーチとしては一緒にノートを取りながら選手を指導する仲間だ。以前、俺がノートを取っているのを見て「うおお、ノートを取るやり方なんて考えたこともなかったよ。すごいノートだね!」と言ってくれたことがあるんだよ。ジェリー・リンのような男が、謙虚な姿勢で、30年も35年も働いている業界でまだ学び続けているというのはクールなことだ。

選手たちにこんなことを言われたことがある。「あなたからノートを見せてもらって、色々と指摘されるのは怖いことじゃないですね」って。俺は選手たちを怒鳴りつけたいわけじゃなくて、みんなを最高のプロレスラーにしたいだけなんだ。能力の限界まで導きたい。ジェリー・リンはまさにそういうタイプのコーチなんだよね。一緒に働けて光栄だよ。

選手として、とあるダメなコーチの指導を受けた経験がある。リーダーシップは大切だと思うけど、誰もがコーチングを学んでいるわけじゃない。指導するにも経験が必要だ。俺が思うに、ダメなコーチに出会った経験を活かす方法は2つある。それが当然だと考え、自分も同じように指導し、最低な奴になってしまう、というのが1つ。もう1つは、「俺はダメなコーチに当たってしまったことがあるけど、あんなのは嫌だ。選手たちに同じ思いをしてほしくない」と自分に言い聞かせることだよ。

怒鳴りつけられるような指導を選手が望んでいるとしたら、それはそういう文化があるからなんだろうね。俺は「選手の成長の手助けをする」という考え方が好きだ。選手に対して、「ああ、君のそれはあんまり良くないかもしれない。でも、それを深堀りしたり、別のやり方を探したりしてみない?」というようにアプローチするんだ。選手たちには自信をつけてもらいたいからね。自信はアートや想像の源だ。コーチが選手の自信を育もうとしなかったり、思考を奪ってしまったら、彼らはスターになることができないんだよ。

俺はいろんなことをやりたいんだ。俺がPodcast番組やコメンテーターをやってきたことはみんな知ってるよね。一つのことに没頭したくない性分なんだよ。昔、何か1つのことに人生のすべてをかけたこともあるんだけど、その結果(WWEから)クビになっちゃったんだよね。やりたいことはいくつも考えておいて、1つがダメになったら他のことをする、というようにしてるんだ。

とてもおもしろいインタビューでした。カバナが育てた選手たちがスターに育っていくのが楽しみです。

(参考: Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】PPV「Revolution」が非WWE団体によるPPVの記録を打ち立てるかも
現地時間3月7日に開催されたAEWのPPV「Revolution」。メインイベントはいろいろありましたが、総合的な評判は上々のようです。 レスリング・オブザーバーによれば、Revolutionの興行収益は600万ドルを...
【WWE】アンドラーデのリリース要求が拒否される
昨日、アンドラーデがWWEに対しリリースを要求していたことが報じられました。 しかし、レスリング・オブザーバーによれば、「現時点では」この要求は拒否されているとのこと。他団体への移籍は叶わなさそうです。いわく、WWEは...
タイトルとURLをコピーしました