スポンサーリンク

【WWE】今年も起きた大量リストラ。選手たちは競業避止義務の撤回を求めている?

ニュース

先日、WWEは10人のレスラーを同時に解雇しました。サモア・ジョー、ミッキー・ジェームス、ビリー・ケイ、ペイトン・ロイスといったメインロースターでもおなじみのメンバーも含まれていたため、多くの反響がありました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、解雇の原因は2020年の大量リストラと同じ「人件費削減」とのこと。選手たちには、タレント部門のトップを務めるジョン・ロウリネイティスから直々に説明があったそうです。

WWEでは、契約途中で退団することになった選手たちには90日間の競業避止義務が課せられます。The Revivalやアンドラーデなど、たまに当てはまらない選手もいますが、基本的には退団から90日間は他団体に出場することができません。その間の収入はWWEが補償するものの、一定期間の活動停止を強いられるのは選手たちにとって大きなディスアドバンテージになります。

メルツァーによれば、解雇された選手たちの中には、この競業避止義務を撤回するよう求めている人もいるそうです。一刻も早く市場に復帰して仕事を得たいと考えるのは当然のことですね。

ただし、WWEがこれを認めるかはわかりません。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】ビッグ・キャスが語る「団体から解雇された日」
2018年6月、エンツォ・アモーレ & ビッグ・キャスがWWEから解雇されました。度重なる問題行為が原因になったとされています。 退団後も度々悪い意味で話題になっていた問題児。クリス・ヴァン・ブリエットのYoutube...
AEW、ウェンズデー・ナイト・ウォーズ終結後初の放送で番組史上2番目に多い視聴者数を獲得する
2019年10月に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」は、NXTの放送曜日が変更になったことで終結しました。 現地時間4月15日のDynamiteは、終戦後初の放送...
タイトルとURLをコピーしました