スポンサーリンク

サンダー・ロサが語る「メキシコ系アメリカ人であること」「メンターたち」

インタビュー

NWAとAEWで活躍するサンダー・ロサは、AEWに参戦するようになった2020年以降プロレス界での存在感を強めています。特に、Dynamiteでブリット・ベイカーと戦った血まみれのLights Outマッチは彼女のキャリアのハイライトとなる素晴らしい試合でした。

【AEW】ブリット・ベイカーが明かす「サンダー・ロサとのデスマッチに対するパートナー、アダム・コールのリアクション」
ここ最近のAEWでは、女性戦線を盛り上げるための活動が目立っています。日米で開催されたトーナメントや、サンダー・ロサとブリット・ベイカーによる血まみれのLights Outマッチはとても話題になりました。 特に、ロサとベイカー...

Inside the Ropesのインタビューに応じたロサは、彼女のメンターとなった人物たちや人生について語りました。

メンターは男性レスラーばっかりですね。ダスティン・ローデスがその一人なのは間違いないし、トレバー・マードックもそう。(女性では)メデューサは私のことを気にかけてくれる人で、私がうまくやれているかを確認するために何度も連絡をくれたんです。キャリアの中で、困難に直面していた時期もあれば成長できた時期もありますけど、彼女が私にアドバイスをくれたおかげで地に足をつけていられたんです。

(メキシコとアメリカの色を取り入れたリングギアを身に着けていることについて)私にとって、メキシコで生まれ、アメリカの市民権を取得した(2019年)のを知ってもらうことは重要なんです。私はアメリカ国民であることをとても誇りに思っています。この国にやってくるまでは得られなかったチャンスがたくさんありましたから。

だからこそ、私はメキシコとアメリカの国旗が組み合わさった旗を入場時に持ち込むんですよ。私の心がメキシコ人だからって、あの旗が2つの国旗に見えるかもしれませんけど……1つの旗なんです。私はスペイン語を話しますし、メキシコの文化を愛しています。出自にはとても誇りを持っていますよ。でも、アメリカに来てから得たものにも誇りがあるんです。

こうした誇りを次世代が受け継ぐかどうかはわかりませんね。自然と湧き上がってくるものですから。キャリアの初期はメキシコらしさをリングに持ち込むことに抵抗がありましたけど、いまはそんなことはありません。自分の生まれはどこなのか、自分は何者なのかを理解しているからこそ、プロレスラーとしてより成功できたのだと思っています。私のことを「自分自身」と重ね合わせてくれるファンはたくさんいますよ。このことに文化の違いは関係ありません。みんな、私のような経験を持ち、少しずつ成功していったレスラーに共感してくれるんですよ。

(ITR, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】解雇されたミッキー・ジェームスが語る今後の野望。「できないと言われたことを」
先日、WWEは10人の選手を解雇しました。サモア・ジョーといった大物のほか、ベテラン女性レスラーのミッキー・ジェームスもそのリストに含まれていました。 彼女の今後の活動はどうなるのでしょうか?Twitterに投稿したツイートに...
【海外の反応】DDT竹下幸之介、AEWに参戦。海外ファンの評価は?
現地時間4月9日に開催されたAEWのハウスショー「The House Always Wins」にサプライズ登場したDDTの竹下幸之介。続いて参戦したAEW Dark: Elevationではダニー・ライムライトと対戦し、高い評価を得ました。...
タイトルとURLをコピーしました