スポンサーリンク

[AEW】MJFが「いずれ来る契約の終わり」を語る。「俺はビジネスマン」

インタビュー

AEWきってのヒールレスラーとして活躍中のMJF。若く、才能あふれる彼の存在は、どの団体にとっても魅力的でしょう。

2019年にAEWと契約した際、彼は2024年までの長期契約を勝ち取りました。Steel Chair Magazineのインタビューに応じたMJFは、「2024年の自分はどうなっているか」という質問に対し、「MJFというレスラーとして」次のようにコメントしています。

契約の終わりに近づいていることを想定しようか。俺はAEW世界王座のチャンピオンになっていて、The Pinnacleというプロレス界最大のユニットの一員で、仲間たちは大金を手にしている。最高の状態だろう。

かつて、俺たちは「金」で契約先を決めたんだよ。シンプルな話だ。誤解してほしくないんだが、AEWは俺の心に深く刻み込まれている団体だし、離れたくないよ。でも、結局、俺はビジネスマンなんだよね。誰かがオファーをくれたら、それに耳を傾けるしかないんだよ。

このインタビューはギミックに忠実なものなので、どこまでが本音なのかはわかりません。ただ、「ビジネスマン」という言葉は本音でしょうね。契約に対してはシビアな世界です。

あわせて読みたい

【WWE】2代目シン・カラがHHHとの微妙な関係を語る。「俺が成功したら、彼の失敗が浮き彫りになる」
2019年末にWWEからリリースされた2代目シン・カラ(本名: ホルヘ・アリアス)。2009年から始まったWWEでの活動は思うようにいかず、初代の失敗を受けて2代目のシン・カラになった後もスポットライトを浴びることはあまりありませんでした。...
【AEW】Dynamiteの放送開始から約1年半。社長トニー・カーンがこれまでの道のりを語る
2019年10月に放送がスタートしたAEW・Dynamite。WWE・NXTとのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」は、Dynamite優勢の状態で終結しました。 NXTと比べるとレイティングの成績が優れている...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました