スポンサーリンク

【新日本プロレス】インパクト・レスリングへの選手派遣は今後も続く。Slammiversaryにあの男たちが…?

ニュース

2021年2月、新日本プロレスとインパクト・レスリングの提携が明らかになりました。現在、新日本からフィンジュース(ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー)とエル・ファンタズモがインパクトに参戦しています。

インパクトでライター兼プロデューサーを務めるレジェンドレスラー、トミー・ドリーマーは、Podcast番組「Busted Open Radio」の中で、新日本からインパクトへの選手派遣は今後も続くことを認めました。いつ、誰が、という点は明かされていません。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、日本・アメリカ間での移動はハードルが高くなっています。しかし、新日本にとって、アメリカへの選手派遣は海外戦略に欠かせません。アメリカ在住の所属レスラーがインパクトに参戦するのか、それとも日本から?気になるところですよね。

もしかしたら、インパクトが7月に開催するPPV「Slammiversary」の予告ムービーがヒントになるかもしれません。この動画の後半には、有名選手たちの姿がほんの一瞬だけ映し出されています。そこには、サモア・ジョーやミッキー・ジェームスといったOB・OGの他に、なんと若き日のオカダ・カズチカと内藤哲也の姿もあるのです。ちなみに、ザ・グレート・ムタもいます。下の動画からご確認ください。

ジョーとジェームスの復帰はショーの目玉になるでしょうし、それをほのめかすのは理解できます。しかし、なぜオカダと内藤が……?

(WhatCulture)

あわせて読みたい

【AEW】副社長たちに摩擦が生じているという噂が流れる。実際のところは……
2019年に設立されたAEWは、新日本プロレスとROHで活躍していたユニット「The Elite」が中心となり、団体運営を行っています。Cody、ヤング・バックス、ケニー・オメガは副社長に就任し、それぞれが重要な役割を担ってきました。 ...
ビー・プレストリーがWWEと契約する見込み、と報じられる
2021年4月を最後にSTARDOMを去ったビー・プレストリー。パートナーのウィル・オスプレイ率いる「UNITED EMPIRE」からも離脱し、帰国済みです。 レスリング・オブザーバーによれば、彼女はWWEと契約する見込みとの...
タイトルとURLをコピーしました