スポンサーリンク

【AEW】クリス・ジェリコが新日本プロレスとの連携を語る。「やりたいことはまだたくさんある」

ニュースインタビュー

AEWのユニット「The Inner Circle」のリーダーを務めるクリス・ジェリコ。2018年の新日本プロレス「レッスルキングダム」で彼とケニー・オメガがドリームマッチを行ったことがAEW設立の大きな要因になりました。

2020年のレッスルキングダムでの棚橋弘至戦を最後に新日本参戦を終えたジェリコ。しかし、彼にはまだやり残したことがあるようです。TSNのインタビューの中で、彼はこう語っています。

ジェイ・ホワイトや鈴木みのるとは戦う可能性があるかもしれないし、きっと大金が動くだろう。飯伏幸太とウィル・オスプレイを含めたこの4人とはぜひ試合をしたいと思ってるよ。それから、ケニー・オメガとタッグを組んで、オカダ・カズチカ&飯伏組、オカダ&棚橋組、飯伏&棚橋組と戦ってみたいとも思ってる。東京ドームのメインイベント級のカードだろ?

こんな感じで、新日本でやりたいことはまだたくさんあるんだ。新日本へ仕事をしに行けるような状況になれば、ぜひともやりたいよ。2018年からの新日本での仕事は本当に楽しかったし、俺にできることはまだまだある。

御年50歳のジェリコですが、まだまだやれるはず。4人の名前は以前からずっと出していますし、せめて1人くらいとは試合を実現させてほしいです。

【AEW】クリス・ジェリコが考える「他団体侵攻アングル」。相手が新日本プロレスとインパクトでは、その質が異なる?
現在、AEW世界王座チャンピオンのケニー・オメガがインパクト・レスリングで大暴れしています。インパクト統一世界王座を獲得し、今後も定期参戦することがわかっています。両団体のコラボレーションは大きな話題を集めていますが、業界内では様々な意見が...

(TNS)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MINORU SUZUKI(@suzuki.d.minoru)がシェアした投稿

あわせて読みたい

【AEW】満員の観客で開催されるDouble or Nothing。トニー・カーン社長「団体の歴史上最も意義深いPPV」
現地時間5月30日に開催されるAEWのPPV「Double or Nothing 2021」。恒例になったスタジアム・スタンピード・マッチのほか、AEWの主要タイトル+NWA世界女子王座のタイトルマッチも行われます。 新型コロ...
【AEW】志田光に対して人種差別的な行為をとったスペイン語実況アナウンサーが即解雇される
AEW・Dynamiteの最新回では、志田光のAEW女子世界王座の保持期間が1年を超えたことを祝い、新しいベルトが贈呈されるというセグメントがありました。 Dynamiteは英語とスペイン語の2つの言語で放送されています。この...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました