スポンサーリンク

【WWE】NXTが7月にもハウスショーを再開すると報じられる

ニュース

新型コロナウイルスのパンデミックは世界中のプロレス界に大きな影響を与えました。アメリカでは、WWEとAEWは恒例のツアーを中止せざるを得ない状態になり、WWEは会場の客席にファンをバーチャル表示する「ThunderDome」スタイルを導入しました。

しかし、国民へのワクチン接種が進んでいることにより、両団体はツアー再開に向けて動いています。WWEのメインブランドであるRAWとSmackDownのツアーは7月から再開することが発表されています。

【WWE】ツアーがついに復活。7月のSmackDownから有観客での収録がスタート
アメリカで新型コロナウイルスのパンデミックが深刻化した後、無観客での番組収録を続けてきたWWE。レッスルマニア37を有観客で開催することに成功した後、本格的なツアーをいつ再開できるのかに注目が集まっていました。 昨日、WWEは...

その一方で、NXTについては公式発表がありません。ただし、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、NXTの選手たちは「7月からハウスショーを再開する」と伝えられているのだそうです。

喜ばしいことではありますが、制限もあります。メルツァーによれば、まず、会場のキャパシティは200〜400席程度になるとのこと。そして、選手たちにはワクチン接種が義務付けられます。接種しなければハウスショーに参加することはできません。

その理由は、ハウスショーの開催地にあります。全米を巡るわけですから、右翼的な思想が定着している都市でもイベントを開催することになります。こうした土地では、ワクチンを接種していない観客がいたり、マスク着用が義務付けられていなかったり、という問題がつきまとうのです。ツアー・ハウスショーの再開がクラスターの引き金になることはどうしても避けたいのでしょう。

選手たちにとって、グッズ収益を見込めるツアーは重要な収入源になります。しかし、自分や仲間たちの健康に対するリスクはなるべく避けたいところ。副作用の心配もありますが、ワクチン接種は一番の安全策です。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】立て続けの大量解雇、投資家たちはどう考えているのか?
ここ最近、WWEは人員削減に熱心です。高額年俸を受け取っている選手だけではなく、スタッフたちに対してもリストラを宣告しています。 こうした動きから、「WWEは身売りするのでは?」という憶測が飛び交いました。ビン...
【WWE】女性選手限定PPV「Evolution」はもう二度と開催されない?マリア・ケネリス「注目を集めるためのPRだった」
2018年10月に開催されたWWE史上初の女性選手限定PPV「Evolution」。ベッキー・リンチの大ブレイクやロンダ・ラウジーの存在など、当時のWWEの女性戦線の盛り上がりを象徴するイベントでした。 残念ながら、現時点では...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました