スポンサーリンク

ツアーを再開するWWEとAEW、チケットの売れ行きで明暗が分かれる?

ニュース

アメリカの大手プロレス団体、WWEとAEWは7月から全米ツアーを再開します。WWEは現地時間7月16日のSmackDownから番組 & PPV収録とハウスショーを、AEWは番組収録を各地の会場で開催します。

レスリング・オブザーバーによれば、ツアーのチケットの売れ行きで両団体に明暗が分かれているそうです。

調子が悪いのはWWE。PPV「Money In The Bank」はほぼ完売、ツアー再開から間もない時期に開催されるショーはチケットの売れ行きが好調とのこと。しかし、その他のショーは売れ行きが悪く、ショーごとのチケット販売数ではAEWに負けているのだそうです。ハウスショーも含まれているとはいえ、少し心配ですね。

両団体は全米各地でショーを開催しますが、中には同じ都市でショーを開催するケースもあります。テキサス州ダラス、ノースカロライナ州シャーロット、フロリダ州ジャクソンビル & マイアミの4都市です。このうち、ダラスはWWEが圧倒的な差をつけているのに対し、シャーロット、ジャクソンビル、マイアミではAEWが優勢とのこと。

この4都市の中で注目すべきは、シャーロットとマイアミでの売れ行きです。

オブザーバーのデイブ・メルツァーいわく、AEWは伝統的にプロレスの人気がない州・都市でのセールスに強みを持っているとのこと。ノースカロライナ州はもともとプロレス人気が高く、WWEが優位な市場です。にもかかわらず、AEWのチケットのほうが売れている。そして、マイアミは両団体とも「苦戦」しているものの、WWEのセールスがまったく奮っていないため、結果的にAEWが優勢という状況なのだそうです。

この2都市の結果から、メルツァーは「これは団体がホットなのかコールドなのかのバロメーターであり、WWEはコールドなのだ」と分析しています。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが語る「NXTとの競争」。「どうやって差別化を図るか、自分たちに注目してもらうか」
2019年10月に放送が始まったAEW・Dynamiteは、裏番組NXTとのレイティング戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に力を注ぐことになりました。NXTの放送曜日が火曜日に移動したことで戦争は終わりを告げましたが、お互いにとって「い...
【WWE】カイル・オライリーがKUSHIDAとのシングルマッチを熱望。「特別な絆がある」
新日本プロレス時代のカイル・オライリーとKUSHIDAは好敵手として競い合っていました。特に、2015年と2016年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアでの対決は非常に高く評価されています。 現在、2人は活動の場をWW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました