スポンサーリンク

【WWE】AJスタイルズが「NXTをスキップしてメインロースターデビューしたこと」を振り返る

インタビュー

先日、インパクト・レスリングのムースがWWEから獲得興味を持たれていたことが報じられました。WWEは彼をいきなりメインロースターとしてデビューさせたいと考えていたようです。

【Impact】WWEがムースの獲得に興味を示していたことが明らかに。AJスタイルズと同じ特別条件での獲得を目指していた?
2021年にインパクト・レスリン契約が切れる予定だったムース。春以降にインパクトと2年契約での残留に合意したとされており、「Against All Odds」ではケニー・オメガの持つインパクト世界王座に挑戦しました。 元NFL...

近年のWWEでは、新入団選手がいきなりメインロースターとしてデビューすることは稀です。基本的には、選手たちはまずNXTで一定期間活動し、WWEの水に慣れてからメインロースターへ昇格します。

例外となった選手に、2016年に新日本プロレスから移籍したAJスタイルズがいます。彼はWWEデビューがRoyal Rumbleへのサプライズ登場でした。

【WWE】AJスタイルズが語る「スティーブ・オースチンからの『ジャケットについてのアドバイス』」
2016年にWWEに移籍したAJスタイルズは、1月のRoyal Rumbleでのサプライズ登場以来団体のトップレスラーとして活躍し続けています。 AJといえば、ジャケットを着て入場するのがトレードマークになっています。 ...

NXTをスキップしたことについて、AJは次のように振り返っています。

タイミングだよね。これが一番大きかったんだと思うよ。TNAでの活動が長かった俺にとって、(WWEの拠点である)オーランドに行くというのはとても大きな意味のあることだった。おかしな言い方だけど、ロイヤル・ランブル・マッチに3番手として登場できたのも大きかったね。本当にそう。

あの時、(インディシーンで長年に渡って戦ってきた)サモア・ジョーはまだNXTにいたんだ。俺はそのラインを飛び越えることができた。「よし」って感じだったね。何の文句もなかったし、チャンスを得ることができて嬉しかったよ。

(PWMANIA)

あわせて読みたい

【WWE】チャド・ゲイブルの契約期間、そしてAEW所属選手たちからの誘い
チャド・ゲイブルとWWEの契約についての話題です。 2021年3月、AEW所属のダックス・ハーウッドが、ゲイブルとWWEの契約が5月頃に切れることをTwitterでほのめかしました。しかし、ゲイブルは現在もWWEのテレビ番組に...
【WWE】ビンス・マクマホンがドゥードロップ(パイパー・ニブン)の働きぶりに大感激していると報じられる
ドゥードロップのリングネームでメインロースターデビューを果たしたパイパー・ニブン。団体内での評判は上々です。 PWInsiderによれば、最高責任者ビンス・マクマホンはドゥードロップの活躍ぶりに大感激しているとのこと。WWEに...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました