スポンサーリンク

AJスタイルズがWWEに移籍する際の懸念は「ビンスからステレオタイプなギミックを与えられるかも」だった

ニュース

WWEのビッグスターとして活躍中のAJスタイルズ。21世紀のアメリカ・プロレス界を代表するレスラーの1人である彼は2016年にWWEに入団しました。

【WWE】AJスタイルズが「NXTをスキップしてメインロースターデビューしたこと」を振り返る
先日、インパクト・レスリングのムースがWWEから獲得興味を持たれていたことが報じられました。WWEは彼をいきなりメインロースターとしてデビューさせたいと考えていたようです。 近年のWWEでは、新入団選手がいきなりメイン...

WWEの最高責任者はビンス・マクマホン。基本的に、ほとんどの決定は彼の承諾を得なければなりません。彼の影響力は絶大です。

AJは、WWEに移籍する時に1つの懸念があったと語っています。

何が起こるか分からなかった。「リングネームを変えなきゃならないかもよ」と言われたりもしたんだ。俺は「構わないし、そちらの決定に従うけど、俺の脇腹にはAJと書かれた大きなタトゥーがあるからね。それでもいいなら何とでも呼んでくれ」と返したよ。

でもね、もっと心配していたことがあるんだ。俺にはどうしても直せない南部訛りがある(AJはアメリカ南部ジョージア州出身)。だから、ビンスが俺にオーバーオールを着せてバンジョをー持たせ、ちょっとしたカントリーソングでも歌わせようとしてきたらどうしようと思ってた。リングネームよりもこっちのほうが心配だったよ。

出身地や人種に合わせたギミックはプロレス界ではよく見る光景ですが、以前よりも減っているように感じます。シリア人の息子でムスリムのサミ・ゼインは、そうしたアイデンティティに依拠したギミックに対して否定的な態度を取っています。

中邑真輔のギミックは彼が日本人であることに基づくものではない。私と同じようにね。両親はシリア人だけど、ターバンを巻いたり、アイアン・シークのように振る舞ったりはしない。私は偶然アラブ人なだけのパフォーマーなんだ。

WWEサミ・ゼインがプロレス界における「ステレオタイプ的価値観の変化」について語る
プロレス界では出自などに関するステレオタイプ的価値観がまかり通ってきました。例を挙げればキリがない領域ではありますが、最近の例でいえば、WWEのムスタファ・アリの場合、プロレスラーとしてデビューする時にムスリムであることを理由に悪役のキャラ...

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】ジミー・ウーソ、逮捕される。2年ぶり5度目
ジミー・ウーソがまた逮捕されました。 現地時間7月5日夜、彼は車で赤信号を無視し、15マイル(24キロ)のスピード違反を犯しました。警察から車を停止するよう求められた彼はフラフラの状態で車から降りたそうです。飲酒運転でした……...
【WWE】ベイリーが、近年の大量リストラへの思いや、タイラー・ブリーズとの思い出を語る。「彼らが成功するだろうってことはわかってる」
2020年以降、WWEは所属選手やスタッフたちを1度に大量に解雇することが増えています。特に2021年は4〜6月にかけて複数回の大量リストラがありました。 WWEから離れることになった選手にとっても、残る選手にとっても...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました