スポンサーリンク

【WWE】2018年に新設されるはずだったクルーザーウェイト級タッグ王座のベルトは実在した!

ニュース

でも行方知れず!

2020年6月にWWEから解雇されたジャック・ギャラハーがInstagramに興味深い話を投稿しました。

【WWE】性的暴行疑惑が浮上したジャック・ギャラハーが解雇される
ある女性のツイートがきっかけとなり、WWEのジャック・ギャラハーが解雇されました。 一体何があったのか?女性のツイート(現在は鍵アカウントになっているため閲覧不可)によれば、2014年に開かれた大晦日のパーティーでギャラハーが...

2018年、WWEはクルーザーウェイト級のタッグ王座を新設し、205LIVEでタイトルを争わせる計画を立てていました。しかし、何らかの理由で計画が実現することはなかったのです。

ギャラハーによれば、ベルトは実際に作られていて、205LIVEのブランドカラーである紫と銀を基調としたデザインだったそうです。2つのベルトは、SmackDownやRAWの小道具(スレッジハンマーなど)を収納するためにツアーに同行しているトラックの中においてあったとのこと。

ロースターの中には「このベルトを腰に巻きたい」と考えていた選手もいたそうで、タイトルを導入するためのアイデアを出し合ったのだそうです。

  • タッグマッチのルールをルチャリブレ風にする。つまり、両足がリング外の床についた時点で試合権利がパートナーに移動すること。
  • タッグではなくトリオのタイトルにすること。

こうしたアイデアは当然採用されることがなく、結局ベルトもタイトルもお蔵入りになりました。今はどこにあるのでしょうか…?

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が「大失敗に終わった電流爆破デスマッチ」を振り返る。「プロレスを知らない連中にはもう頼まない」
現地時間3月7日に開催されたAEWのPPV「Revolution」。メインイベントはケニー・オメガとジョン・モクスリーによる有刺鉄線電流爆破デスマッチでした。試合自体は盛り上がったもののエンディングの大爆破に失敗し、しらけた雰囲気でPPVは...
【新日本プロレス】復帰のカール・アンダーソンがジョン・モクスリーの持つIWGP USヘビー王座に挑戦!
新日本プロレスにカール・アンダーソンとドク・ギャローズが帰ってきます!2人は、NJPW STRONGで開催されるタッグトーナメント『TAG TEAM TURBULENCE』と、現地時間8月14日にロサンゼルスで開催される新日本のアメリカ大会...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました