スポンサーリンク

インパクト・レスリングがバディ・マーフィー獲得に動く

ニュース

2021年6月にWWEから解雇されたバディ・マーフィー。名勝負ができることは誰もが知っていますから、メインロースターとしてはうまくいかなかったものの、インディシーンではまた活躍できるはず……と皆が思っているレスラーです。

WWEから解雇された選手の移籍先として真っ先に名前が挙がるのはAEWです。しかし、インパクト・レスリングも負けていません。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、インパクトはマーフィーの獲得に動いているそうです。一方、AEWの動向については情報が入ってきていないとのこと。

彼の競業回避義務が切れるのは8月31日。9月頃にはどこかのリングに上がることになるでしょう。インパクトがマーフィーをロースターに加えることができれば非常に大きな補強になるでしょうし、タイトル争いも盛り上がるはずです。

ビッグ・キャス、インパクト・レスリングに登場!
2018年にWWEから解雇された「問題児」ビッグ・キャス。インディシーンでの活躍は、自身の精神的な問題もあって限定的なものになっていました。 WWEへの復帰も噂される中、彼がWWE退団後2度目の大きな注目を集め...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】リア・リプリーがシャーロット・フレアーへのリスペクトを語る。「本当に尊敬している」
ネット上には「表舞台で活躍する人」への感情があちこちに吐き捨てられています。誰もが誹謗中傷から逃れられないような世界が広がっているのです。 そうした世界を生きるパフォーマーは大変です。WWEにもそうした声を集めやすい選手が何人...
【WWE】ジョニー・ガルガノが語る「ビンス・マクマホンとNXT」。「擁護はできないけど、とても支えてくれている」
NXTで活躍した選手がメインロースターとしてはイマイチ……という光景は決して珍しくありません。日本人選手の例では中邑真輔の名前が真っ先に挙がるでしょう。他にも、最近ではアリスター・ブラックやリコシェ、アンドラーデらが該当します。 ...
タイトルとURLをコピーしました