スポンサーリンク

【WWE】ジョニー・ガルガノが語る「ビンス・マクマホンとNXT」。「擁護はできないけど、とても支えてくれている」

インタビュー

NXTで活躍した選手がメインロースターとしてはイマイチ……という光景は決して珍しくありません。日本人選手の例では中邑真輔の名前が真っ先に挙がるでしょう。他にも、最近ではアリスター・ブラックリコシェアンドラーデらが該当します。

NXTはともかく、メインロースターとして活躍するにはビンス・マクマホンの評価を得る必要があります。いい試合ができる選手だとしても、ビンスに気に入られなければWWEのトップスターにはなれないのです。このことを、ファンはセザーロを通してよく理解しています。

ビンスによるNXTから昇格してきた選手の扱いについてはいろんな意見があります。ただ、NXTの顔とも言えるジョニー・ガルガノはビンスに(一応)好意的な意見を(全面的ではないけども)持っています。TV Insiderのインタビューに応じた彼は、次のように語っています。

擁護はできないけど、決して多くないビンスとの交流はどれもポジティブだったよ。彼はいつも俺とNXTのことをとても支えてくれている。

昇格した選手たちの扱いに関しては、NXTというブランド、そしてロースターたちが計り知れない能力を持っている、ということにビンスが気づいてくれることを願っているよ。彼が運営する団体、そしてプロレス界の未来はNXTとパフォーマンスセンターにあると俺は思ってるからね。パフォーマンスセンターには活躍のチャンスを待っている才能あふれる選手たちがたくさんいるんだ。

ギリギリ…ですよね。これがギリなのかなって感じです。

(TV Insider)

あわせて読みたい

マイケル・エルガンが逮捕される。原因は元婚約者へのDV疑惑と保護命令違反
新日本プロレスやROHで活躍したプロレスラー、マイケル・エルガンが逮捕されました。 WrestlingNews.coによれば、エルガンが逮捕されたのは6月29日。その数日前、「エルガンが行方不明になった」とFacebookで話...
【WWE】ブレア・ダベンポート(ビー・プレストリー)がNXT UK移籍を語る。「孤独感と閉塞感があった」
2021年7月にNXT UKのロースターに加わったブレア・ダベンポート。STARDOMなどの団体でビー・プレストリーとして活動していた彼女にとって、イギリスに戻るという決断は「正しいタイミングだった」そうです。 TalkSPO...
タイトルとURLをコピーしました