スポンサーリンク

【WWE】相次ぐNXTからのメインロースター補強。ハウスショーのチケット売上不調を受けての判断だったと報じられる

ニュース

ここ最近、NXTからメインロースターに昇格する選手が相次いでいます。ショッツィ・ブラックハート、ティーガン・ノックス、トニー・ストーム……フィン・ベイラーもSmackDownに戻ってきましたし、ダークマッチにはカリオン・クロスらが出場しています。

このタイミングでメインロースター補強が実行されている理由は何なのでしょうか?レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、これにはWWE最高責任者ビンス・マクマホンの意向が強く現れているそうです。

今月から全米ツアーを開始するWWEですが、すべてのハウスショーの前売チケットの売上が良いわけではありません。中には打ち上げが伸び悩んでいる興行もあります。この状況を見て、ビンスは「ロースターに新しさがない、エキサイティングな人がいないから」だと判断し、NXTから補強することに」決めたとのこと。

メルツァーは、この手法はビンスの常套手段であるとし、ビジネスが落ち込むと必ずフレッシュな選手をメインロースターに抜擢してプッシュしようとする、とコメントしています。

先日、ビンスはパフォーマンスセンターを視察しました。そこで昇格させてプッシュする選手を選んだのだそうです。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】リア・リプリーがシャーロット・フレアーへのリスペクトを語る。「本当に尊敬している」
ネット上には「表舞台で活躍する人」への感情があちこちに吐き捨てられています。誰もが誹謗中傷から逃れられないような世界が広がっているのです。 そうした世界を生きるパフォーマーは大変です。WWEにもそうした声を集めやすい選手が何人...
インパクト・レスリングがバディ・マーフィー獲得に動く
2021年6月にWWEから解雇されたバディ・マーフィー。名勝負ができることは誰もが知っていますから、メインロースターとしてはうまくいかなかったものの、インディシーンではまた活躍できるはず……と皆が思っているレスラーです。 WW...
タイトルとURLをコピーしました