スポンサーリンク

【AEW】サプライズ登場したブライアン・ダニエルソンの入場曲が「The Final Countdown」ではなかった理由とは?

ニュース

現地時間9月5日に開催されたPPV「ALL OUT」で、2000年代のインディシーンを牽引したレジェンド、ブライアン・ダニエルソンが帰ってきました。2009年にWWEに入団し、ダニエル・ブライアンとなった後は名実ともにプロレス界のトップスターとして活躍しました。

AEW入団のブライアン・ダニエルソンが今後の野望を語る。「ビンスは過保護だった。もう少しワイルドに生きたい」
AEWと契約し、PPV「ALL OUT」でサプライズ登場したブライアン・ダニエルソン。「ダニエル・ブライアン」のリングネームでWWEのビッグスターになった彼がWWE退団を決めた理由はなんだったのでしょうか? イベント終...

ダニエル・ブライアンの入場曲といえば「ワルキューレの騎行」。しかし、ブライアン・ダニエルソンの場合は、Europaの名曲「The Final Countdown」でした。

この曲は最高ですね…。

さて、ダニエル・ブライアンとWWEの契約が切れ、「AEWにブライアン・ダニエルソンがやってくる」と噂され始めた頃から、Youtubeには「AEWのブライアン・ダニエルソンの入場曲」としてThe Final Countdownが何度か違法アップロードされていました。

ダニエル・ブライアンではなくブライアン・ダニエルソンとして入団するのであれば、そりゃThe Final Countdownのほうがふさわしいだろう、AEWは入場曲のライセンスを取得することをいとわない団体だし……と思っていたら、ALL OUTで流れたのはワルキューレの騎行の方でした。

正確には、この曲はElliott TaylorのBorn for Greatnessという曲です。←のリンクにサブスクへの案内がありますので、ぜひどうぞ。

ワルキューレの騎行を引用した楽曲が使われた理由は何だったのか?レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEWのトニー・カーン社長はThe Final Countdownのライセンスを取得しようとしたものの、料金が法外な値段だったので断念したのだそうです。ピクシーズのWhere is My Mind?やバルティモラのTarzan Boy、ランシドのRuby Sohoと比べると、確かに高そう……。権利関係へのうるささが桁違いな感じはします。イメージでしかないですけど。

The Final Countdownでの入場は実現しませんでしたが、Yes!ムーブメントを経た彼の入場曲としてはワルキューレの騎行のほうがふさわしいのかもしれないですね。

(Wrestling Observer, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】フィン・ベイラー「2016年とは違い、今の俺はWWEを必要としていない。WWEも俺を必要としていない」
2014年にWWEへ入団したフィン・ベイラー。NXTで活躍したのちメインロースターに昇格し、人気選手の1人にまで上り詰めました。 2019年にはテレビ局での放送が始まったNXTに戻り、NXT王座を獲得。2021年7月にメインロ...
【WWE】アダム・コールのAEW移籍について、WWE内部ではどのようなりアクションがあったのか?
AEWのPPV「ALL OUT」にサプライズ登場したアダム・コール。4年間在籍したWWEを離れ、今後はAEWのロースターとして、The Eliteの一員として活動していくことになります。 彼のAEW移籍について、WWE...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました