スポンサーリンク

GCWがカリフォルニア州を中心とした姉妹団体「LA Fights」の設立を発表

ニュース

アメリカのインディシーンでも特異な存在感を放っているGCW。面白ければなんでもOKというか、包容力の高い団体というイメージです。ハードコアなだけじゃない。

今日、GCWは姉妹団体「LA Fights」の設立を発表しました。その名の通り、ロサンゼルスがあるカリフォルニア州を拠点とした団体で、「西海岸の新鋭スターと南カリフォルニアのレジェンドたちがGCWnプラットフォームで競い合うための新たなショーケースを提供する」ことを目的としているそうです。

GCWのプロモーターを務めるブレット・ローダーデールは、

西海岸にはブレイク寸前の才能あふれるレスラーたがたくさんいる。彼らにプラットフォームを提供すると同時に、カリフォルニアのファンたちとの関係を築いていく手助けをしたいと思っているよ。始めるのが楽しみだ!

とコメントしています。

旗揚げ興行は現地11月28日にロサンゼルスで開催されます。GCWのYoutubeチャンネルで無料配信されるとのこと。今のうちにチャンネル登録しておきましょう。

あわせて読みたい

【海外の反応】ドリームマッチは壮絶なしばき合いに。鈴木みのる VS ブライアン・ダニエルソンを海外ファンはどう見たか?
現地10月15日に放送されたAEW Rampageは、番組放送前に1時間のYoutube無料生配信がありました。3試合とプロモで構成されたこの配信で、鈴木みのるとブライアン・ダニエルソンのシングルマッチというとんでもないカードが組まれたので...
WWEはAEWとトニー・カーン社長のことをどう考えているのか?問題点は「金」
2019年に旗揚げしたAEWは、2020年末から2021年にかけて大きく成長しました。クリスチャンやCMパンク、ブライアン・ダニエルソンといった超大物が入団したほか、ダービー・アリンやMJFら若手選手が順調に成長し、女性部門にはブリット・ベ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました