スポンサーリンク

【ROH】シェイン・テイラーが当事者として「所属レスラー全員解雇」を語る。「驚いた。がっかり」

ニュース

2022年4月の再始動に向け、所属レスラーたちとの契約をすべて解除するROH。最低でも年末までは給料が支払われるため、彼らはすぐに収入源を奪われるわけではありませんが、再びプロレス団体との契約を模索する日々が始まります。

ROHが団体の再構築を発表。2022年第1四半期は活動停止、レスラーたちは契約解除
ROHの歴史において非常に重要な発表がありました。 今日、ROHは団体の再構築に乗り出すことを発表しました。12月のPPV「Final Battle」の後、2022年の第1四半期は活動を停止し、4月のPPV「Super Car...
再構築後のROHはレスラーと独占契約しなくなるかもしれない?
今日、ROHは団体の再構築を発表しました。2022年の第1四半期を休み、4月から再スタートを切る。今所属しているレスラーたちとの契約は解消されます。 団体の未来はどうなるのでしょうか。レスリング・オブザーバーのデイブ・...
ROHのテープ・ライブラリーが売りに出されていると報じられる
2002年に旗揚げし、多くの有名レスラーが活躍してきたROH。プロレスの歴史に名を残す名勝負がいくつも繰り広げられてきました。 今、ROHはこれまでの歴史に一旦ピリオドを打ち、新たな時代を迎えようとしています。所属レスラーたち...

ROH世界テレビ王座やROH世界6人タッグ王座などを獲得した実績を持つシェイン・テイラーは、解雇の当事者としてこのニュースを語りました。

まあ、驚いたよね。予想できるようなことじゃなかったと思う。ショックというよりは、がっかりって感じかな。レスラーたちがどれほど頑張っているかを考えるとね。ここ18ヶ月間、俺たちほど絶えずパフォーマンスを続けてきたロースターは存在しない。本当に残念なのは、俺たちは「危機を脱した」と感じていたことなんだ。見事な再起を遂げたというのに、時間が足りなかったんだね。

レスラーたちはみんな素晴らしい。家族の元から離れ、一生懸命働き、自分の身体を酷使しているみんなには脱帽するよ。ROHのため、自分たちのため、団体への情熱のために頑張ったんだ。今週中にまたテレビ番組の収録がある。そして、12月には「Final Battle」だ。最後にもう一度、みんなですべてを賭けることになると確信してる。

無念さが伝わってきますね。現在のロースターでの活動はPPV「Final Battle」が最後です。

WrestlingHeadlines

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソン「プロレスは『コンバット・シアター』という言葉で定義できる」
プロレスは特殊なエンターテインメントで、定義が人それぞれ違うこともあります。「プロレスとは何か?」 21世紀を代表するプロレスラーで、現在はAEWに所属しているブライアン・ダニエルソンは、プロレスの定義について、次のように語り...
ドク・ギャローズがWWEとAEWを分析。「奇妙なハードコア・ファン層がどんどん成長している」
2019年に旗揚げしたAEWは、プロレス業界で働く人たちやファンにとって有効な選択肢として機能しています。ダニエル・ブライアンのような現在進行系のビッグスターからダニエル・ガルシアのような未来のスターまで、様々なレスラーが所属しているほか、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました