スポンサーリンク

【AEW】ムーンサルト・プレスで頭部を強打したランス・アーチャーの最新情報

ニュース

現地10月23日に放送されたDynamiteでコーナートップからのムーンサルトに失敗し、頭部を強打してしまったランス・アーチャー。自力でバックステージに戻ることができ、元気そうだったというレポートもありましたが、怪我の状態が心配されました。

【AEW】コーナートップからのムーンサルトを頭部で着地してしまったランス・アーチャーがコメントを発表。「また戻ってくる」
現地10月23日放送のDynamiteで、本当に恐ろしい事故が起きてしまいました。 AEW世界王座への挑戦権を賭けたトーナメントの1回戦として行われたランス・アーチャーとエディ・キングストンのシングルマッチ。2人らしい荒々しい...

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、彼の最新情報を報じています。どうやら、アーチャーは頚椎を捻挫してしまったそうです。いわゆるむち打ちですね。

頚椎捻挫とは交通事故やスポーツ事故などで頚部に不意に衝撃を受け、頸椎周囲の筋肉や靱帯、神経や血管などの組織に損傷を受けた状態を言います。

首の痛みなどのほか、ひどいときは頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどがみられます。頸椎捻挫の多くは一部分の軽い症状にとどまりますが、重症例では、交感神経や筋肉の異常な緊張により、腰が重い、肩がこる、上半身がしびれる、眼が疲れる、だるいなどの症状が見られ、長年苦しむこともしばしばあります。

ほとんどが数週間以内に安静のみで治癒します。しかし、慢性的に症状の残るものや、受傷後数日してから症状が出現してきたものの中には、交通事故やスポーツ等の受傷時の衝撃で関節の機能障害を起こしている場合があります。

引用: 望クリニック

体重120キロのアーチャーがトップロープから飛び降りて頭部で着地したのにこの程度で済んだのはすごい…。もっとひどい怪我になってもおかしくないように見えました。

復帰時期は不明ですが、もし本当に頚椎捻挫なのであれば、復帰までにそれほど時間はかからないかもしれません。

(Wrestling Observer, 411MANIA)

あわせて読みたい

【ROH】シェイン・テイラーが当事者として「所属レスラー全員解雇」を語る。「驚いた。がっかり」
2022年4月の再始動に向け、所属レスラーたちとの契約をすべて解除するROH。最低でも年末までは給料が支払われるため、彼らはすぐに収入源を奪われるわけではありませんが、再びプロレス団体との契約を模索する日々が始まります。 ...
ドク・ギャローズがWWEとAEWを分析。「奇妙なハードコア・ファン層がどんどん成長している」
2019年に旗揚げしたAEWは、プロレス業界で働く人たちやファンにとって有効な選択肢として機能しています。ダニエル・ブライアンのような現在進行系のビッグスターからダニエル・ガルシアのような未来のスターまで、様々なレスラーが所属しているほか、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました