スポンサーリンク

【WWE】今日の大量解雇には団体内でも驚き。経費削減は来年も続く?

ニュース

今日、WWEはジョン・モリソンら8人のレスラーを解雇しました。先日はカリオン・クロスやナイア・ジャックスら18人が解雇されたばかりでした。

【WWE】ジョン・モリソンら8人のレスラーが解雇される
またしても経費削減による大量解雇です…。 Fightfulによれば、今日、WWEは以下の8名を解雇しました。 ジョン・モリソン ドレイク・マーベリック ティーガン・ノックス ジャクソン・ライカー ...
【WWE】コロナワクチン未接種選手が解雇された問題、WWE側が気にしていたのは「選手の価値」だった
先日WWEから解雇された18人の選手のうち、数人が新型コロナウイルスのワクチンを未接種だったことを理由に解雇されていたことが話題になりました。 WWEは選手たちにコロナワクチンの接種を強制していませんでした。ネット上で...

同じ月に計26人が解雇されるという大事件。Podcast番組「Mat Men」のアンドリュー・ザリアンによれば、今回の解雇劇は団体内でも「不意打ち」のように受け止められたそうです。

また、2021年内のリストラは今回が最後で、人件費削減を狙った人員整理は来年も続くことが予想されているとのこと。

2021年に解雇されたレスラーたちは、大物から番組に欠かせない盛り上げ役まで幅広く、現在のWWEはよっぽどのスターかつグッズ売り上げに貢献しているわけでもない限り安心できない場所だということを証明しているような気がします。競争が起こるのはいいことですが、契約を切られかねないというのは…本当に大変です。

放出された選手たちは新しい契約先を探すのに苦労するかもしれません。AEWのロースターは飽和気味、インパクト・レスリングはなぜか大物の獲得に苦労。ROHは所属レスラーを持たない運営方針に変わる…。アメリカのインディシーンは今まで以上に競争が激しい場所になりました。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェフ・コブが2020年にWWEから高額オファーを受けていたことを明かす
新日本プロレスでの活動に力を注いできたジェフ・コブ。ROH時代から適性を見せ、現在は団体に欠かせない存在です。 2019年末、彼はROHとの契約を終えフリーエージェントになりました。さまざまな団体からオファーがあり、その中には...
【AEW】満身創痍のケニー・オメガには複数回の手術が必要かもしれない?
Dynamiteの最新回で長期欠場に入ることを宣言したケニー・オメガ。 彼は長期にわたって怪我や体調不良に苦しんでおり、PPV「Full Gear」では重いウェイトを上げられないほど肩の状態が悪い中で試合に出場したといいます。...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがAEW参戦 & ケニー・オメガ戦の可能性に言及。「興味はあるが…」
「禁断の扉」が開かれた2021年、新日本プロレスからAEWに多くのレスラーが参戦しました。KENTA、永田裕志、小島聡、鈴木みのる、石井智宏、ロッキー・ロメロ……彼らはAEWファンから歓迎され、試合も評価されました。 参戦を待...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました