スポンサーリンク

AEWからジャック・エヴァンスが退団へ。初期メンバーがまた一人団体を去る

ニュース

Hybrid2のメンバーとしてアンヘリコとともにAEWのタッグ戦線で活躍していたジャック・エヴァンス。630°セントーンの実用化に成功するなど、ハイフライヤーとして業界に大きな影響を与えてきました。

今日、彼は今月末をもってAEWを退団することを認めました。2019年、団体旗揚げ当初から活動してきた初期メンバーがまた一人団体を去ることになります。

AEWでの日々は楽しくて仕方なかったけど、終わりの時が来た。4月末で契約を満了し、再契約しないことになったんだ。チャンスをくれたAEWのみんな、ファンには感謝したい。

これはビジネスだ。自虐じゃないけど、俺は団体に付加価値をもたらせなかったし、たくさんレスラーがいる団体では、そういう人をカットしないとね。

AEWでは所属選手たちと3年契約を結ぶケースが多いため、2019年に契約したレスラーたたちにとって、2022年は契約更改のシーズンです。

マルコ・スタントとジョーイ・ジャネラ、そしてエヴァンス。DynamiteやRampageでの出番が減っていた古参たちには厳しい1年となるでしょう。ロースターの拡大を続ける団体で生き残るのは大変です。

あわせて読みたい

【WWE】団体内では「退団したKUSHIDAは6月に新日本プロレスへ戻る」と考えられている?
2019年にWWEへ移籍し、契約を満了して退団したKUSHIDA。 WWEでもクルーザーウェイト級のタイトルを獲得することはできましたが、メインロースターとしてデビューする前に活動を終えることとなりました。 新日...
【AEW】コーディ・ローデスが副社長時代を振り返る。「ボスとして同僚たちと戦う恐ろしさ」
AEW時代、副社長としてマネジメントの仕事をしていたコーディ・ローデス。WWE復帰後の記者会見で、そうした仕事をできるほど自分が成熟しているとは思わないし、もうしたくないと発言していました。 ライアン・サティンによるインタビュ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました