スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスが契約期間を2024年まで延長することに合意。同団体副社長

ニュース

世界トップクラスのタッグチーム、ヤング・バックス(ニック & マット・ジャクソン)。AEWの前進となった興行「ALL IN」(2018)をCodyと共に開催し、AEWでは副社長としても働いています。

バックスは2019年にAEWと3年契約を結んだため、契約が2022年1月1日に切れます。

しかし、報道によれば、2人は24ヶ月間の契約延長に合意したとのこと。2024年1月1日まではAEWで活躍することになります。団体は上り調子ですし、2人ともまだまだ若いので、自分たちが作った団体を去る理由はありませんね。

かつてThe Eliteの仲間として戦ったハングマン・ペイジがケニー・オメガからAEW世界王座を奪った11月のPPV「Full Gear」以降、バックスは試合に出場していません。ニックはかかとを怪我しているとされています。

いろんな観点から賛否両論あるレスラーではありますが、タッグマッチをやらせれば世界一。今後の活躍にも期待したいです。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ロッキー・ロメロが新日本プロレスとWWE & AEWの関係を語る。「WWEは数年に一度新日本と連絡を取る」
新日本プロレスは複数の海外団体と交流を持っています。現在、最も交流が盛んなのは、元新日本のレスラーが多く在籍するAEWでしょう。 2021年春、WWEと新日本が大会に向けた話し合いをしていると報じられました。内容はダニエル・ブ...
ブライアン・ダニエルソンがROHの再構築を語る。「辛い。俺もWWEから2回契約を切られたことがある」
新日本プロレスとの提携でも知られるROH。 21世紀のアメリカインディシーンを牽引してきた団体ですが、所属レスラー全員との契約を解除し、団体の再構築に入ることになりました。 2000年代にROHで大活躍し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました