スポンサーリンク

【AEW】MJFが暴言「俺はアンドレ・ザ・ジャイアントだ」

インタビュー

AEWで活躍する若手スター、MJF。彼は卓越したプロモのスキルを活かしてファンを楽しませるタイプのレスラーで、先日はCMパンクと約20分間にも及ぶ口喧嘩を繰り広げて話題になりました。

海外のプロレス界では、インタビューやトークショーなどで素の自分をさらけ出すレスラーが珍しくありません。しかし、天性のヒールであることを隠さないMJFはリングを降りてもMJFのまま。いろんな場でファンを楽しませてくれます。

しかし、毎週のようにDynamiteでマイクを披露している一方で、彼は2021年にまだ14試合にしか出場していません。Rampageでの試合もまだないのです。25歳という若さで月に約1試合程度にしか出場しない……それには、本人なりの理由がありました。Podcast番組「Busted Open Radio」にゲスト出演した際、彼は次のように語っています。

俺は「ここで試合をするとお得だぞ」と思えるタイミングだけでプロレスをするんだ。AEWのロースターたちは「ファンを感動させないと」と思って試合をしている、ということに気づいてね。俺にはそんな必要はない。だって、既にできてるんだから。俺の入場曲が流れた瞬間にみんな心が揺れ動いちゃうんだよ。ポジティブであれネガティブであれ、プロレス界全体を見ても、入場曲にトップクラスの反応があるのには理由がある。毎週のように試合をしなくてもみんな俺に興奮するんだ。俺はアトラクションだよ。俺はアンドレ・ザ・ジャイアントだ。

確かに、入場曲が流れた瞬間の大ブーイングは凄まじいものがあります。WWEのトップスターならまだしも、25歳の若者ですからね……。末恐ろしいというか。「おれ=アンドレ説」というトンデモを唱えられても笑顔でブーイングしたくなるような存在感を確立しているのは間違いないと思います。

Cultaholic

あわせて読みたい

【WWE】ジェフ・ハーディーがハウスショーを欠場。前日の試合中に何かが起きた?
WWEスーパースターのジェフ・ハーディが、現地12月5日にテキサス州コーパスクリスティで行われたハウスショーを欠場したと報じられています。PWInsiderによれば、彼は遠征先から自宅に戻っているそうです。 彼は、4日に同州エ...
ブライアン・ダニエルソンが「WWEのAEWへの過剰反応」を語る。「全員と再契約しなきゃ、と思ってしまった」
2019年にAEWが設立された後、人材流出を恐れたWWEは契約切れが近づいていた所属選手たちに対して高額での再契約オファーを出しました。 その時に再契約した選手の中には、新型コロナウイルスのパンデミックが起きた後のWWEが推し...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました