スポンサーリンク

【AEW】「WWEがMJF獲得に興味」という報道に対しトニー・カーン社長がコメント。「オススメする」

ニュース

先日、WWEのテレビ番組を放送するUSA NetworkやFOXがAEWの若手スター、MJFのWWE入団に興味を持っていると報じられました。

卓越したマイクスキル、観客とのつながりを持つ能力の高さは25歳とは思えないほど。WWEでも大活躍できる逸材です。しかし、AEWにとっても手放すわけにはいかないレスラー。社長のトニー・カーンは、この報道について次のようにコメントしています。

素晴らしいことだね。オススメするよ。彼はAEWの大きな部分を締めているレスラーだし、あと数年は契約が残っているから、WWEは興味を持ち続けるべきだと思う。MJFとは「これからもよろしく」って感じだよ。彼のセグメントは視聴率が良いし、CMパンクとのやりとりも定期的にあるからさ。2人は口喧嘩の最中で、スティング & ダービー・アリンとパンクがトリオを結成し、MJF & FTRの3人と試合をするというビッグな6人タッグマッチもやるよ。

(WWEがMJFに興味を持っていることは)素晴らしい。WWEには俺が本当に契約したいと思っていたレスラーが何人かいて、ブライアン・ダニエルソンやアダム・コール、ルビー・ソーホーと契約できたんだ。

WWEからAEWへ移籍するレスラーが多かった2021年ですが、2022年以降はAEWの所属レスラーたちが契約切れを迎える機会が多くなります。WWEはどのレスラーに狙いを定め、移籍を実現させるのでしょうか。

ちなみに、この6人タッグマッチは現地12月22日放送のDynamiteで行われます。視聴はAEW Plusで。月額4.99ドル、最初の7日間は無料トライアルです。

AEW Plus Subscription on FITE
Join AEW Plus on FITE

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が語る「ケビン・オーエンズがフリーエージェントになっていたら」
2022年1月にWWEとの契約が切れるとされていたケビン・オーエンズ。複数年での再契約に合意し、WWE残留が決まりました。 一時は退団濃厚とも報じられていたKO。もし彼がフリーエージェントになったらAEWに移籍するだろうという...
ジョナ・ロック(ブロンソン・リード)がAEWとの契約に至らなかった理由を明かす。「最優先は新日本プロレス」
2021年には多くの元WWEスーパースターがAEWにやってきました。 彼らはAEWでもしっかりと存在感を示し、優れたパフォーマーであることを示しています。約7年半ぶりに復帰したCMパンクや、名勝負を量産しているブライアン・ダニ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました