スポンサーリンク

ビッグ・キャスが今後の野望を語る。「インパクト・レスリングの顔になることが目標」

ニュース

プロレス界のお騒がせ男、ビッグ・キャス。

2018年6月にWWEから解雇された後、2019年に開催された新日本プロレスとROHの合同興行「G1 SUPERCARD」にエンツォ・アモーレとともに乱入したり、ジョーイ・ジャネラを脅したりと様々な事件を起こしてきました。精神的な問題を抱えていた彼ですが、2021年4月に「M. モリッシー」のリングネームでインパクト・レスリングに参戦した後は心身ともに状態が良いようです。

【Impact】M.モリッシー(ビッグ・キャス)が新日本プロレスでの活動を希望。「100%」
WWE退団、「G1 SUPERCARD」乱入、ジョーイ・ジャネラとのマジ確執……。ビッグ・キャスのプロレス人生にはいろんなことがありました。現在、彼はM.モリッシーのリングネームでインパクト・レスリングに参戦しています。 過去...
ビッグ・キャス、リアルガチ抗争相手のジョーイ・ジャネラに謝罪
プロレス界きっての問題児として知られるビッグ・キャス(M. モリッシー)。かつては精神的な問題を抱えており、それが原因で様々な問題を起こしていましたが、インパクト・レスリングに参戦中の現在は精神面も肉体面も好調とのこと。 ...
【Impact】W.モリッシー(ビッグ・キャス)がインパクト・レスリングとの長期契約を狙う。「団体の顔になりたい」
WWEからの退団、インディシーンでの問題行為の数々、精神的な問題……。かつてビッグ・キャスと呼ばれたプロレスラーにはネガティブなイメージがついて回ります。しかし、現在はインパクト・レスリングで「W.モリッシー」というリングネームで活動してい...

彼は4月にインパクトと短期契約を結び、この契約は11月の時点で満了したとされています。とはいえ、彼が焦点をあわせているのはインパクト。今年の目標は「インパクトの顔になること」です。Podcast番組にゲスト出演した彼は、次のように語っています。

俺の一番の目標は団体の顔になることだよ。去年、俺はそのためのゆっくりと歩みを進め、インパクトを与えるために頑張っていた。これ、ジョークじゃないからね。今年の目標はインパクト・レスリングの顔になること。達成できると思ってるよ。難しいことじゃないはずだ。

インパクトの発展のため、俺がトップになるまで努力を惜しまない。だから、当分はインパクトにいるよ。それ以外のことは勝手に推測してくれ。

幸せになってほしいです。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ペイジが「Royal Rumbleの時期になると自分の名前がトレンド入りすること」にコメント
1月のPPV「Royal Rumble」。女子ロイヤル・ランブル・マッチではレジェンドのサプライズ参戦が定番化しています。 首の怪我が原因で引退した女性スーパースターのペイジは、SNSで復帰に向けて努力を重ねていること...
【AEW】姿を消しているマルコ・スタントと団体のステータスはどうなっているのか?
ジュラシック・エクスプレスのメンバーとして活躍していた身長155センチの小柄レスラー、マルコ・スタント。 最近、彼は出番がありません。Dynamiteでの試合は2021年3月、AEW Darkでは2021年9月が最後となり、彼...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました