スポンサーリンク

【WWE】コーリー・グレイブスに現役復帰許可が出たと報じられる

ニュース

現在はカラーコメンテーターとして活躍しているコーリー・グレイブス。

彼はもともと現役選手としてWWEで活躍していましたが、脳震盪の影響もあり2014年12月に引退を発表。その後は団体の「接触禁止リスト」に入り、彼の活動には厳しい制限が課せられるようになりました。

しかし、報道によれば、彼はリストから外れ、ドクターから現役復帰の許可が出たのだそうです。これにより、コメンテーター以上のことができるようになり、番組出演者としての幅が広がるかもしれません。

本格的に現役に復帰するかどうかはも含め、今後彼がどのような決断をするかはわかりません。

【WWE】男子ロイヤル・ランブル・マッチにも「禁断の扉」を開いた何者かがやってくる…かも?
交流のなかった団体の間で選手の行き来があること。「禁断の扉」は、アメリカではそういう意味の言葉として使われてるようになりました。 今年のRoyal Rumbleは扉が開かれています。女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパク...

(Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】NXTのクリエイティブが独立性を失ったと報じられる
黒と金のブランドだった時代のNXTは、HHH主導の下で独立性を保った運営が行われていました。かつて、HHHのプロダクトは「アンタッチャブル」だったのです。 しかし、AEWとの「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に敗れたことなどに...
【WWE】ペイジが「Royal Rumbleの時期になると自分の名前がトレンド入りすること」にコメント
1月のPPV「Royal Rumble」。女子ロイヤル・ランブル・マッチではレジェンドのサプライズ参戦が定番化しています。 首の怪我が原因で引退した女性スーパースターのペイジは、SNSで復帰に向けて努力を重ねていること...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました