スポンサーリンク

【AEW】Codyが団体との契約を満了し、フリーエージェントになっていると報じられる

ニュース

AEW創設者の1人で、団体副社長を務めるCody。

AEWは多くのレスラーと3年契約を結んでおり、Codyは2021年末で契約が満了することになっていました。社長のトニー・カーンは新たな契約を狙っていると報じられていましたが…。

【AEW】ヤング・バックスに続き、Cody & ケニー・オメガとの再契約を狙うトニー・カーン社長
先日、AEW副社長のヤング・バックスが団体との契約を2024年1月1日まで延長することに合意したと報じられました。 バックス、Cody、ケニー・オメガの副社長4人集は、AEW設立時に団体と複数年契約を結びました。バック...

Fightfulによれば、現在、Codyは新しい契約にサインせず、フリーエージェントとして団体に参戦しているのだそうです。

他団体にも参戦できる状態ではありますが、彼は以前「他団体にいる自分を考えられない」と語っていたこともあり、彼の今後の活動はAEW中心になるのではないかと思われます。契約にサインしない理由は謎ですが…。

CodyはAEW創立メンバーのヤング・バックス&ケニー・オメガとの不仲が取り沙汰されたこともあります。リング外での噂が多くなりがちではありましたが、団体の中心人物であることに変わりはありません。

【AEW】3年契約の3年目。クリス・ジェリコら古参組の契約状況はどうなっているのか?
2019年1月1日に設立されたAEW。所属レスラーたちは団体と3年契約を結ぶことが多く、初年度に契約したレスラーたちの多くは今年中に契約満了を迎えることになります。 副社長のケニー・オメガは4年契約を結...

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】Royal Rumbleにあるかもしれない「禁断の扉サプライズ」、AEWは期待できなさそう
先日、WWEのPPV「Royal Rumble」での男子ロイヤル・ランブル・マッチに他団体から誰かがサプライズ参戦する可能性があることが報じられました。女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパクト・レスリングからミッキー・ジェームスが出場...
【AEW】ブリット・ベイカーがWWEへの持論を展開。「何も信用できない」
業界最大手のWWE、新興団体のAEW。アメリカのプロレス界ではこの2団体の話題が中心です。 それぞれの団体に特徴があり、どう思うかは人それぞれ。AEW女子世界王座チャンピオンのブリット・ベイカーは、WWEに対して否定的な意見を...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました