スポンサーリンク

【WWE】プロデューサーのタイソン・キッドが首の治療のために番組制作から離れていると報じられる

ニュース

WWEでタッグ王座を3度獲得するなどの実績を残した後、2017年からプロデューサーとしてWWEで働いているタイソン・キッド。

現在41歳の彼が現役を引退したのは2015年のことでした。サモア・ジョーとの試合中に頚椎を負傷し、試合をすることができない身体になってしまったのです。Royal Rumbleでの復帰を目指していたこともありましたが、団体が復帰を許可しなかったとされています。

レスリング・オブザーバーによれば、彼は最近WWEの番組制作から離れているようです。首の治療のために休暇を取得したとのこと。以前、彼は2015年の怪我について「車椅子に乗ることにならなくてラッキーだった」と語っていたことがありました。首の状態は今も悪く、治療が必要なのでしょう。

彼はプロデュース業の傍らコーチとしても働いており、充実した日々を送っています。無事に復帰できることを願うばかりです。

【WWE】タイソン・キッドがコーチ兼プロデューサーとしての充実した日々を語る。「現役時代よりも素晴らしい」
WWEのタッグ王座を3度戴冠したタイソン・キッド。2015年に負った負傷が原因で現役を続行できなくなり、2017年からフルタイムのプロデューサーとして働いていて、現在はコーチも兼任しています。。 今年で4年目になるバックステー...
【AEW】ランス・アーチャーが「ムーンサルトを頭部で着地してしまい、2ヶ月間欠場したこと」を振り返る。「死んでいたかもしれない」
2021年10月に放送されたDynamiteでのエディ・キングストン戦において、コーナートップからのムーンサルトプレスを頭部で着地してしまい、試合続行が不可能になったランス・アーチャー。 その時の様子をファンが撮影した動画がこ...

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タマ・トンガが再契約に合意したことを発表
Bullet Clubの最古参レスラー、タマ・トンガ。新日本プロレス愛あふれる言動がファンから愛され、さらなる活躍を常に待望されています。 現在39歳。今年ついに40代に突入するタマちゃんは、2022年1月30日に新日本都の契...
【AEW】クリス・ジェリコが「AEWにおけるアンダーテイカー的な役割」について語る。「ロッカールームにいるべき存在」
AEW所属のクリス・ジェリコ。新日本プロレスやWCWで活躍したのちWWEに入団し、以降はトップスターとして活躍してきました。2019年にはAEWに入団し、AEW世界王座の初代チャンピオンとして暴れまわり、新日本にもそのベルトを持って参戦した...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました