スポンサーリンク

【新日本プロレス】タマ・トンガが再契約に合意したことを発表

ニュース

Bullet Clubの最古参レスラー、タマ・トンガ。新日本プロレス愛あふれる言動がファンから愛され、さらなる活躍を常に待望されています。

現在39歳。今年ついに40代に突入するタマちゃんは、2022年1月30日に新日本都の契約が切れ、フリーエージェントになっていました。

今後の去就に注目が集まる中、自身のPodcast番組で新日本とのステータスについて言及。フリーエージェントになった後、再契約に合意していたことを明かしました。

2010年に新日本デビューを果たしたタマちゃんは、それ以降新日本を主軸に活動を続けてきました。新型コロナウイルスのパンデミックが起きてからも新日本愛は変わらず、いろんな発言でファンを喜ばせています。

【新日本プロレス】タマ・トンガが「AEWからフルタイム契約のオファーを受けたことはあるか?」という質問に答える
新日本プロレスのタマ・トンガ。インパクト・レスリングへの参戦が決まったこともあり、「禁断の扉」を開いてAEWにも出るのでは…なんて噂する声もあります。 AEWに対しては辛辣な意見を述べることが多いタマちゃんですが、タッグ参戦を...
【新日本プロレス】タマ・トンガが「外国人選手の間で不安が広がっている」という噂に言及。「I'm fine」
新型コロナウイルスのパンデミックが続く日本。外国人選手たちにとって、今の日本は働きにくい環境でしょう。特に、入国時の隔離は不評です。 先日、新日本プロレスのデビッド・フィンレーがアメリカに拠点を移すことを検討していることが明ら...
【新日本プロレス】マイケル・エルガンが退団した背景には何があったのか?タマ・トンガとの間に確執
2019年3月、新日本プロレスはマイケル・エルガンが退団したことを発表しました。それから約2年が経った今、「彼がなぜ退団したのか」についての情報が飛び交っています。 発端はFightfulの報道でした。新日本内部の情報源によれ...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが「ムーンサルトを頭部で着地してしまい、2ヶ月間欠場したこと」を振り返る。「死んでいたかもしれない」
2021年10月に放送されたDynamiteでのエディ・キングストン戦において、コーナートップからのムーンサルトプレスを頭部で着地してしまい、試合続行が不可能になったランス・アーチャー。 その時の様子をファンが撮影した動画がこ...
【AEW】クリス・ジェリコが「AEWにおけるアンダーテイカー的な役割」について語る。「ロッカールームにいるべき存在」
AEW所属のクリス・ジェリコ。新日本プロレスやWCWで活躍したのちWWEに入団し、以降はトップスターとして活躍してきました。2019年にはAEWに入団し、AEW世界王座の初代チャンピオンとして暴れまわり、新日本にもそのベルトを持って参戦した...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました