スポンサーリンク

AEWがROH買収。AEWトニー・カーン社長が新オーナーに就任することが発表される

ニュース

Dynamite最新回では、「トニー・カーン社長による重大発表がある」ことが事前告知されていました。

新日本プロレスとのスーパーショー、ストリーミングサービスに関連する発表ではないかという噂もありましたが…。番組の最初のセグメントはトニー自身によるプロモ。2021年末に活動を停止し、2022年4月から活動を再開するROHを買収したこと、彼が新オーナーに就任することを発表しました。

ROHの売却に関する噂が報じられる。どの程度の金額で買収可能なのか?
2022年4月に活動を再開するROH。親会社は全米最大級のローカルテレビ運営グループ、シンクレアです。 21世紀のプロレス界を支えてきた団体については常に様々な噂が飛び交っています。Fightfulによれば、ROHが活動を一時...

ROHがAEWの傘下に入るということは、AEW所属レスラーがROHに参戦する機会が増えるはず。ロースターの拡大が続くAEWでDynamite & Rampageへの出場機会が与えられていないレスラーたちにとっては非常にいいニュースですね。また、ROHと新日本プロレスの関係を考えれば、AEWと新日本の関係強化につながる出来事だと考えることもできるでしょう。

以前、AEWがROHの豊富なテープ・ライブラリーを入手したがっているという噂が流れたことがありました。ライブラリには、CMパンク、ブライアン・ダニエルソン、サモア・ジョー、ヤング・バックス、タイラー・ブラック(セス・ロリンズ)、ケビン・スティーン(ケビン・オーエンズ)らのキャリア初期の映像や、当時ROHに所属していたヤング・バックス & Codyによる自主興行で、AEW設立のきっかけの1つになった「ALL IN」の映像も含まれています。トニーは、これらの資源を有効活用する方法も考えているかもしれません。

AEWのROH買収を記念し、Dynamiteの第1試合ではクリストファー・ダニエルズ VS ブライアン・ダニエルソンのシングルマッチが行われました。2人はROHの旗揚げ興行でメインイベントに出場したレスラー。試合はトリプル・スレット・マッチで、もう1人の参加者はロウ・キーでした。久々にAEWのリングに上ったダニエルズ2000年代のプロレス界における重要人物です。彼がROHで何らかの役割を果たしていく可能性もあるでしょう。

また、ブライアンとCMパンクはROH殿堂入りが発表されたばかり。古巣に復帰する可能性だってゼロではないでしょうし、むしろ2人なら喜んで参加するはずです。夢が膨らみますね!

あわせて読みたい

【新日本プロレス】クリス・ジェリコが将来的なAEWとのスーパーショー開催に言及。「日本との行き来がしやすくなれば」
新日本プロレスとAEWは友好関係にあります。 AEWは新日本のアメリカ進出におけるキーパーソンたち(ケニー・オメガなど)が中心となって設立された団体で、設立当初は新日本との間に不穏な空気が漂っていました。 しかし、新型コ...
【WWE】サモア・ジョーがNXT2.0ロースターを絶賛。「一緒に働きたかった」
ブランドの再構築に着手した後のNXTは番組の特色が変わり、その変化には業界内でも賛否両論あるようです。 2022年1月に解雇されるまでタレント・スカウト部門で働いていたサモア・ジョーはNXT2.0の擁護派です。直接的な...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました