スポンサーリンク

サモア・ジョーが今後のキャリアを語る。「どんなチャンスに対してもオープンだ」

ニュース

2022年1月にWWEから解雇されたサモア・ジョー。当時はウィリアム・リーガル卿のもとでタレント・スカウト部門の一員として働いていましたが、リーガル卿ともども解雇されてしまいました。

フリーエージェントになったジョー。レスラー、スタッフ、カラーコメンテーターなど、様々な仕事を経験してきた彼はどの団体にとっても価値の高い存在です。最近、彼は今後のキャリアについてコメントし、AEWと契約する、あるいはWWEへ復帰する可能性に言及しました。

どんなチャンスに対してもオープンだよ。自分自身で決断を下すことができるのは俺が恵まれているところだね。試合以外のこともできるしさ。[…]今はチームを組んでいろんなことに取り組んでいるよ。いずれチームメイトたちが結びついた時、何が起こるか楽しみだね。

我々はトレーニングを積み、準備はできている。正直なところ、俺は誰とも契約していないんだよ。サインしてない。みんなで選択肢を探っているところでね。家族と一緒にいて、家庭的なことに力を入れるために少し時間を取っているって感じかな。ここ数ヶ月の間になにか起こるかもしれないよ。

「どんなチャンス」となると、日本の団体との関わりにも期待してしまいますね。ジョーが日本の団体に参戦したのは2014年が最後。TNAとWRESTLE-1の合同大会として開催された「TNA Bound For Glory 2014」でのXディヴィジョン王座決定戦で、カズ・ハヤシ & ロウ・キーとのトリプル・スレット・マッチに勝利しました。新日本プロレス「NJPW STRONG」への参戦が実現すれば、新日本初参戦となります。

ジョーの競業回避義務が終わるのは現地4月6日です。

AEWはサモア・ジョーの受け入れ体制が整っている?団体内に多数の支持者
2022年1月にWWEから解雇されたサモア・ジョー。 同時期に解雇されたウィリアム・リーガル卿が責任者を務めていたタレント・スカウト部門で働いていた彼は、2021年4月に続き2年連続で団体から解雇されてしまいました。彼の復帰に...

SESCOOPS

あわせて読みたい

AEWがROH買収。AEWトニー・カーン社長が新オーナーに就任することが発表される
Dynamite最新回では、「トニー・カーン社長による重大発表がある」ことが事前告知されていました。 新日本プロレスとのスーパーショー、ストリーミングサービスに関連する発表ではないかという噂もありましたが…。番組の最初のセグメ...
【AEW】トニー・カーン社長が「Codyとの契約延長オプションを行使しなかった理由」を説明。「もっと長い契約を結びたかった」
2021年末にAEWとの3年契約を満了したCody。その後はフリーエージェントとして団体に参戦していましたが、現地2月15日にAEWからの退団を発表しました。 AEWはトップレスラーたちとの契約に「1年、あるいは2年の契約延長...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました