スポンサーリンク

【新日本プロレス】カール・フレドリックスが語る「WWEではなく新日本に入団した理由」

インタビュー

2018年にLA道場へ入門したカール・フレドリックス。高い身体能力を活かしたスタイルがウリです。

実は、彼は新日本に入団する前に何度もWWEのトライアウトを受けていました。WWE行きを願った日々があったにもかかわらず、なぜ彼は新日本の道を選んだのでしょうか?Podcast番組「Shining Wizards」にゲスト出演した彼は、次のように語りました。

俺が仕事を得るためにキャンプに参加したんだ。丸一年もWWEへの就職活動を続けていたときでね。最後にWWEのトライアウトを受けたのは2017年の2月だ。9月は、向こうから「おい、君に来てほしい。素行調査をするぞ」と言われたよ。臨機応変に対応して、「フロリダに来てくれ」と言われるのを待った。彼らは冷静だったね。3ヶ月ごとに連絡をくれて、「レッスルマニアの後かな」って感じで連絡を取り合っていた。1年が経った2018年の夏、俺はたまたまロサンゼルスに4日間滞在して、2つのショーに出て、3日間のLA道場のキャンプに参加した。

俺はずーっと待ちの状態だったし、停滞感も感じ始めていたから、何か行動を起こさなければならないと思っていた。インディシーンでは、ジャングル・ボーイやブロディ・キング、ジェイク・アトラスあたりの連中が大活躍していたな。「このままじゃ時間の問題だ。船に乗れない」と思ったもんだよ。何も起こらないなら、自分で何かを起こさないと。俺はキャンプに行くことにした。

柴田勝頼に会って、「お前をチームに入れたい」とその場で言われたんだ。[…]一歩脚を踏み出すのに躊躇はなかった。誰かから「我々は君が欲しいんだ」と言われたら、やるしかないだろ。人生で最高の出来事だったよ。

また日本で活躍する彼の姿を見たいですね。

(Fightful)

あわせて読みたい

WWEはAEWの本拠地でCodyをデビューさせたいと考えている、と報じられる
WWEとの交渉が停滞していると報じられているCody。 WWEは彼をレッスルマニアに参戦させたいと考えていたようですが、早いうちに契約が成立しなければ準備する時間が足りなくなってしまいます。最近の報道では、「Codyが...
AEWトニー・カーン社長によるROH買収により、「Supercard of Honor XV」の開催準備が大幅に遅れていると報じられる
AEWのトニー・カーン社長がROHを買収した……というニュースは世界中のプロレスファンの間でポジティブな出来事として受け入れられました。しかし、現場は大変なようです。 SESCOOPSによれば、買収が決定した後、現地4月1日開...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました