スポンサーリンク

【AEW】ハングマン・ペイジがトニー・カーン社長によるROH買収にコメント。「また参戦しても構わない」

インタビュー

AEWトニー・カーン社長によるROH買収はポジティブな出来事です。AEWのクリエイティブを一任する彼は、多くのサプライズと高クオリティな試合、ストーリーラインでファンを魅了する団体を作りました。業界内でも、この件について様々な意見が飛び交っています。

【AEW】トニー・カーン社長がROH買収のビジョンを語る。「計画はたくさんある。ブッカーになるつもりだ」
ROHを買収したトニー・カーン社長。AEWのクリエイティブに関する最終決定権を持ち、NFLジャクソンビル・ジャガーズとプレミアリーグのフラムFCで共同オーナーを務め、多忙な日々を送る青年は、ROHをどのように導いていくのでしょうか。 ...
ブライアン・ダニエルソンがAEWトニー・カーン社長によるROH買収にコメント。「どうしようと思っているのかは疑問」
キャリア初期をROHで過ごし、その後大成功を収めたレスラーは数知れず。ブライアン・ダニエルソンはその代表格と言えるでしょう。 彼はナイジェル・マッギネスらとの激しい戦いを繰り広げたROH時代を経てWWEでビッグスターとなり、現...
CMパンクがトニー・カーンAEW社長によるROH買収を語る。「ビンスじゃなくてよかった」
AEWのトニー・カーン社長によるROH買収は世界中のプロレスファンを驚かせました。インディシーンを支え続けた古豪はAEWの兄弟団体になります。 この買収により、トニーはROHの豊富なテープ・ライブラリーを得ることもできました。...
AEWトニー・カーン社長によるROH買収により、「Supercard of Honor XV」の開催準備が大幅に遅れていると報じられる
AEWのトニー・カーン社長がROHを買収した……というニュースは世界中のプロレスファンの間でポジティブな出来事として受け入れられました。しかし、現場は大変なようです。 SESCOOPSによれば、買収が決定した後、現地4月1日開...

AEW世界王座の4代目チャンピオンで、かつてROHで活動していたハングマン・ペイジは、自団体の社長が古巣のオーナーになったことについて、次のようにコメントしています。

可能性はいくらでもある。ただ、これは本当だ。彼が望むことは何だってできるんだよ。なぜなら、彼はAEWで素晴らしい実績を残しているからね。だから、俺は彼がROHと共に歩むことについて信頼してるよ。心の底からそう思う。俺はROHを大事に思っているし、それはトニーも同じなんだよね。だからこそ信頼できるというか。俺はROHで長い間働いていたけど、トニーは俺よりもROHのことをよく知ってるよ。

(古巣復帰の可能性について)俺はまったく構わないよ。まあ、ROHが今後どうなるのかはまったくわからないから、このことにコメントするのは難しい。ただ、復帰しても構わないとは思ってる。

あのハングマン・ペイジがAEWの最高峰のベルトを腰に巻いてROHのリングに上がる……。昔から彼のことを応援しているファンにとっては涙モノですね。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】カール・フレドリックスが語る「WWEではなく新日本に入団した理由」
2018年にLA道場へ入門したカール・フレドリックス。高い身体能力を活かしたスタイルがウリです。 実は、彼は新日本に入団する前に何度もWWEのトライアウトを受けていました。WWE行きを願った日々があったにもかかわらず、なぜ彼は...
WWEはAEWの本拠地でCodyをデビューさせたいと考えている、と報じられる
WWEとの交渉が停滞していると報じられているCody。 WWEは彼をレッスルマニアに参戦させたいと考えていたようですが、早いうちに契約が成立しなければ準備する時間が足りなくなってしまいます。最近の報道では、「Codyが...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました