スポンサーリンク

【ROH】ヘッドブッカーのデリリアスが退団へ

ニュース

2010年からROHのヘッドブッカーを務めてきたデリリアス。

彼はROHで18年間仕事を続けており、プロレス界でのキャリアのほとんどをこの団体とともに歩んできたことになります。しかし、2022年2月、AEWのトニー・カーン社長がROHを買収し、ブッカーになることを宣言。これにより、デリリアスの仕事がどうなるのかに注目が集まっていました。

Fightfulによれば、全所属レスラーたちの契約が解消された後も、デリリアスを含む何人かのスタッフは現在もROHとの契約が残っているとのこと。しかし、彼の場合はROHの復活興行「Supercard of Honor」を最後に団体から離れることになるのだそうです。

新日本プロレスとの合同興行「Honor Rising」でもコミカルなプロレスを見せてくれていたベテラン。今後の活動はどうなっていくのでしょうか?

【ROH】トニー・カーンが「Supercard of Honor」でのサプライズを予告。「袖にトリックを」
現地4月1日に開催される「Supercard of Honor」は、ROHという団体において非常に大きな意味を持ちます。 2021年末に全所属レスラーとの契約を解除して活動停止に入った後、活動を再開させる最初の舞台。そして、A...

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】コルト・カバナがDDTを語る。「大ファンだ。9歳の女の子、ヨシヒコ、ケニー・オメガ…」
AEWとDDTの関係拡大が発表されてから、多くのレスラーたちがクロスオーバーについて語っています。かつてパンダの衣装を着ていたサミー・ゲバラはアンドレザ・ジャイアントパンダとの対戦に言及し、「禁断の扉は竹でできている」とコメントしました。 ...
【AEW】「Cody VS ダスティン・ローデスはここ10年で最高の試合」ダイヤモンド・ダラス・ペイジがAEWでのCodyの功績を語る
2019年のAEW設立に大きく貢献し、副社長兼レスラーとして活躍したCody。 彼は常に団体の顔の1人として注目を集めていましたが、AEWで彼が最も輝いた瞬間は、旗揚げ興行「Double or Nothing」での兄ダスティン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました