スポンサーリンク

【ROH】バンディードがトニー・カーンによる団体買収を語る。「この次に何があるのか」

インタビュー

人気ルチャドール、バンディード。彼はROHを中心に活動し続けてきましたが、2022年は就労ビザの問題でアメリカでの活動を続けられるかどうか不透明な状態で、もしビザの更新ができないのであれば母国メキシコで短期間ブッキングを募集することになると報じられています。その実力は誰もが認めるところで、大手団体にとってもロースターに加えたい存在でしょう。ROHが全所属レスラーとの契約を解消し、AEWのトニー・カーン社長がROHを買収したことにより、ROHからAEWへ移籍する選手も現れるようになりましたが、彼の今後はどうなるのでしょうか?取材に応じた彼は、トニーによる団体買収、そして今後について語りました。

信じられないことだったね。まあ驚いたよ。彼らはいつも「変化は良い方向へ向かう」と言っているし、この次にROHに何が起こるのか、興味あるな。もし今後も続くなら、続けたいと思うのなら、そこに参加できることに興奮するだろう。チャプターを可能な限り最高の形で閉じることを楽しみにしてるよ。

(トニー・カーンとの会話について)彼らから俺への接触はないね。残念ながら、トニーと最後に会話したのは2019年のBattle of Los Angelesなんだ。

ROHが活動を続けるのなら、もしテレビ番組放送の可能性を模索するのであれば、バンディードの存在は重要なはず。トニーがどのように動くのか、注目ですね。

【ROH】バンディードの就労ビザがまもなく失効。今後の活動は不透明だと報じられる
インディシーンで絶大な人気を誇るルチャドール、バンディード。 彼の華やかで激しいスタイルはプロレスを良く知らない人も魅了することができます。彼はROHのロースターとして活動を続けてきましたが、ROHは2021年に全所属レスラー...

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】リコシェが無礼なファンたちに激怒。「サインを貰うために待ち伏せするのはプライバシーの侵害」
人気者のグッズは高く売れます。一品モノならなおさらです。 日本でさえ、新幹線のホームを出たところに芸能人のサインを貰うために待ち伏せしている人たちがいるようですが、アメリカでも同様です。 WWEスーパースターのリコシェは...
【AEW】MJFが団体に無断でインタビューを受けたことが原因でトニー・カーン社長とケンカしたと報じられる
ここ数日間、当サイトではアリエル・ヘルワニによるMJFインタビューを度々紹介してきました。 面白い発言ばかりでとても興味深い内容だったのですが、このインタビューが原因で彼は社長トニー・カーンを怒らせてしまったそうです。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました