スポンサーリンク

インパクト・レスリングがROH買収に興味を示していたと報じられる

ニュース

21世紀のインディシーンを支え続けたROH。

2021年にこれまでの運営方式を変更し、すべての所属レスラーとの契約を解除した後、WWEとAEWが買収に乗り出しました。

結果、買収に成功したのはAEWのトニー・カーン社長。彼はROHのブッカーも務める意向を示しています。実は、このニュースの裏側には第三勢力がいたようです。

Sports Illstratedによれば、インパクト・レスリングもROHの買収に興味を示していたとのこと。実際に何らかの行動を起こしたかどうかはわかっておらず、事実上WWEとAEWの争いになっていたことから、インパクトは単に興味があっただけの可能性もあります。

インパクトはWWEとAEWに次ぐ規模を誇る団体です。もし買収が実現していたら、AEWに並ぶインディシーンの巨大勢力になっていたかもしれませんね。現在、インパクトには元ROHのレスラーたちが複数人参戦しています。

【ROH】バンディードがトニー・カーンによる団体買収を語る。「この次に何があるのか」
人気ルチャドール、バンディード。彼はROHを中心に活動し続けてきましたが、2022年は就労ビザの問題でアメリカでの活動を続けられるかどうか不透明な状態で、もしビザの更新ができないのであれば母国メキシコで短期間ブッキングを募集することになると...

SI

あわせて読みたい

【AEW】マルコ・スタントが退団へ。原因は予算削減&ロースター拡大だと報じられる
AEWの若手レスラー、マルコ・スタント。彼は2021年9月を最後にAEWでの出番がまったくなくなってしまいました。 ジョーイ・ジャネラによれば、彼は団体上層部とのコミュニケーションがゼロの状態とのことですが…。 ...
【AEW】現在の契約内容に不満のMJF。その理由は…
ここ最近、アリエル・ヘルワニによるインタビューが何かと話題のMJF。 彼はキャラクターを崩さずにインタビューを受ける傾向にあり、本心も堂々と語ってくれます。以前から、彼はAEWとの契約内容に不満げな姿勢を取っています。それもキ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました