スポンサーリンク

【AEW】マルコ・スタントが退団へ。原因は予算削減&ロースター拡大だと報じられる

ニュース

AEWの若手レスラー、マルコ・スタント。彼は2021年9月を最後にAEWでの出番がまったくなくなってしまいました。

ジョーイ・ジャネラによれば、彼は団体上層部とのコミュニケーションがゼロの状態とのことですが…。

【AEW】ジョーイ・ジャネラが退団の意思を固める。「再契約に興味はない」
2019年に旗揚げしたAEWの初期メンバー、ジョーイ・ジャネラ。インディシーンで精力的に活動し、支持を受けていた彼のAEWでのキャリアは想像以上に厳しいものになりました。 PPVとして開催された2019年の「Fyter Fes...

Fightfulは、彼が2022年5月をもって契約満了で退団すると報じました。彼に契約を更新しない旨を伝えたのはタレント・リレーション部門で責任者を務めるクリストファー・ダニエルズで、その理由として「ロースターの拡大」と「予算削減」を挙げたとのこと。団体内の競争に負け、出番のないレスラーに払う給料はもったいない、ということですね。

こうした状況ではあるものの、スタントとAEWの関係は良好で、ダニエルズとの会話も特に問題なかったそうです。この話がスタント本人、あるいは彼に近しい人物から漏れていることは明らかなので、関係が良好なのも本当なのでしょう。

今年は旗揚げ当初からAEWで活躍してきたレスラーたちが次々に契約切れを迎える一年となります。こうしたケースを今後多く耳にすることになるはずです。

【AEW】アーン・アンダーソンが番組出演者が固定される傾向に苦言。「我々が抱えているジレンマだ」
AEWには多くのスターレスラーが在籍しています。 ブライアン・ダニエルソンやCMパンク、ジョン・モクスリーらはテレビ番組への出演機会が多いものの、滅多にテレビに出られず、YouTubeで配信される「AEW Dark」シリーズへ...

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】現在の契約内容に不満のMJF。その理由は…
ここ最近、アリエル・ヘルワニによるインタビューが何かと話題のMJF。 彼はキャラクターを崩さずにインタビューを受ける傾向にあり、本心も堂々と語ってくれます。以前から、彼はAEWとの契約内容に不満げな姿勢を取っています。それもキ...
ジョニー・ガルガノがWWE退団の理由を明かす。「キャラクターが陳腐になってしまう」
2021年12月にWWEとの契約を満了したジョニー・ガルガノ。 現在、彼は妻キャンディス・レラエ、そして彼女との間に生まれたばかりの赤ちゃんと共に過ごす時間を優先し、フリーエージェントとしてブッキングを募集している状態です。将...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました