スポンサーリンク

【WWE】ジョン・シナはルーニートゥーンズ映画の撮影でレッスルマニア38へ不参加だったと報じられる

ニュース

WWEの顔として長年に渡って活躍してきたジョン・シナ。

現在、彼は俳優としての活動をメインとしており、WWEへの参戦は限定的です。2021年に戻ってきた時はファンから大歓声を受け、「Cena Sucksと言われなくていい気分だ」と語っていたのが印象的でしたね。今年開催されたレッスルマニア38には出場の予定がもともとなく、やはり欠場となりました。

【WWE】復活のジョン・シナがファンの前でコメント。「今日はCena Sucksって言われなくていい気分」
現地時間7月18日に開催されたWWEのPPV「Money In The Bank」で久々にファンの前に姿を表したジョン・シナ。彼はSummerSlamでローマン・レインズと対戦するとされています。 ファンはシナの登場に...

その理由は何だったのか?Fightfulによれば、彼はメキシコで映画「Coyote vs. Acme」の撮影に参加していたため、スケジュール的にレッスルマニアへ登場できなかったとのこと。

この作品は実写とアニメを合成した映画で、ワーナー・ブラザーズのカートゥーンシリーズ、ルーニートゥーンズの人気キャラクターとしておなじみのワイリー・コヨーテが、弁護士を雇い、同シリーズに登場する悪徳企業アクメ社を訴えるという内容。シナは弁護士の元上司役を演じます。制作会社はもちろんワーナー系ですが、ワーナーといえばAEWのテレビ番組を放送しているTBS / TNTの親会社。ちょっと面白いすれ違いですね。映画の全米公開は2023年7月を予定しています。

(Wrestling Observer, Clutaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンの「スタナー受け」、バックステージは興奮に包まれたと報じられる
レッスルマニア38で主役級の活躍を見せたレジェンドレスラー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン。 今年も2夜開催となったプロレス界最大のお祭りで、彼はWWEの最高責任者、76歳のビンス・マクマホンにも十八番ムーブのスタ...
【WWE】コーディ・ローデスがHHHとの会話を明かす。「昔、俺はたくさん悪口を言ったけど、試合前に話をした」
現役引退を表明したHHH、WWEに復帰したコーディ・ローデス。2人の関係は複雑です。 コーディはHHHの大ファンですが、AEW設立にあたって彼はHHHへの挑発を繰り返しました。旗揚げ興行「Double or Nothing」で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました