スポンサーリンク

【AEW】トニー・ストームが引退を考えていたことを明かす。「言葉では言い表せないほどの虚無感や悲しみ」

未分類

2022年3月にAEWと契約したトニー・ストーム。

2021年12月、当時WWEに在籍していた彼女は、「燃え尽きた」と考えて団体へ解雇を要求しました。それが受け入れられる形で退団し、しばらくプロレスラーとしての活動から離れていた間、一体何を考えていたのか。

Youtube番組「AEW Road To」の最新回でAEW入団までの心境を語りました。なんと、一時的ではあるものの、引退を考えていたそうです。

最近、私はプロレス界から引退することを計画していたんだ。人生で一度も考えたことなかったのにね。私は最高のプロレスラーになるために人生のすべてを費やしてきた。そういう考えを失ってしまって、言葉では言い表せないほどの虚無感や悲しみが襲ってきたんだよ。

世界中を旅してきた。オーエン・ハートのように。AEWには地球上で最高の女子部門がある。私はオーエン・ハート杯女子トーナメントに参加する資格があると思うんだ。ここは「ホームなんだ」と思えるはじめての場所だよ。

彼女はいわゆる「燃え尽き症候群」だったと考えられます。心の病気ですね。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)とは、それまでモチベーションを高く保っていた人が、突然やる気を失ってしまう症状です。努力に見合った結果が出なかった場合や、逆に大きな目標を達成したことで打ち込めるものがなくなり、何もやる気が起きなくなってしまう場合もあります。医学的には、うつ病の一種とされています。

引用:かせ心のクリニック

シャーロット・フレアーの持つSmackDonw女子王座へ挑戦して間もなく退団することになったのは、やはり大事だったのでしょう。再びプロレスラーとして活動できる状態にまで回復できたのは不幸中の幸いですね。

AEW初の退団者となったカイリー・レイが、精神疾患を抱えていること、そしてその対処法について語る
AEWと契約し、旗揚げ興行"Double or Nothing"にベビーフェイス・レスラーとして出場したものの、理由が明かされないまま退団してしまった女子レスラー、カイリー・レイ。現在は再びインディシーンで活動している彼女が、Instagr...

(Fightful)

あわせて読みたい

サモア・ジョーがWWEに「ROHのビデオライブラリー」購入を提案していたことを明かす
WWEは過去に何度かROH買収を狙っていたとされています。 その中心になっていたのはNXTを仕切っていたHHHで、NXTの競合団体だったROHの力を削ぎたい、買収して活動を停止させたいというアイデアがあったとされています。実際...
【WWE】ビンス・マクマホンの「スタナー受け」、バックステージは興奮に包まれたと報じられる
レッスルマニア38で主役級の活躍を見せたレジェンドレスラー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン。 今年も2夜開催となったプロレス界最大のお祭りで、彼はWWEの最高責任者、76歳のビンス・マクマホンにも十八番ムーブのスタ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました