スポンサーリンク

【AEW】元NXT北米王座チャンピオンのレオン・ラフがAEW Darkの収録に参加

ニュース

2020年以降のWWEで生き残るのは大変なことです。選手の大量解雇が珍しくなくなり、実績のある選手もその対象に含まれることがあります。

2021年8月、NXT北米王座の元チャンピオンだったレオン・ラフも解雇されました。2017年にキャリアをスタートさせた彼はEVOLVEを主戦場に活動を続け、2020年にWWEと契約。一度も試合に勝利することのない状態でジョニー・ガルガノの保持していたNXT北米王座に挑戦し、棚ボタ的に勝利を収めます。強さを理由としたタイトル獲得ではありませんでしたが、勝ちは勝ちです。

その後ガルガノに王座を取り戻されてしまいますが、KUSHIDAとのタッグチームでダスティ・ローデス・タッグチーム・クラシックに出場するというチャンスも与えられました。しかし、その後は続かず、人員整理の対象になってしまいます。

現在26歳。キャリア5年のラフは退団後もGCWなどのインディ団体へ出場。そして、先日行われたAEW Darkの収録にも参加しました。

今後も彼がAEWで仕事をできるかどうかはわかりません。これが彼のキャリアにおける重要な一日になるといいですね。

【WWE】さらなる所属選手の解雇が間もなく行われるかも?
先日、WWEは9名の所属選手を解雇しました。ダコタ・カイやデクスター・ルミスが対象に含まれていたことは大きな話題となり、それに付随する報道もいくつか出てきています。 カイとマルコム・ビベンスはWWEとの契約を更新する意...

あわせて読みたい

【海外の反応】ジュース・ロビンソン、まさかのBullet Club加入!海外ファンも衝撃「何が起きてるの!?」
2022年4月、ジュース・ロビンソンはレスリング・オブザーバーのラジオ番組に出演し、4月末で新日本プロレスとの契約を終了すること、プロレスへの情熱がなくなってしまったことを明かしました。 新日本との契約について、彼は2...
ウィリアム・リーガル卿がTシャツの収益から大谷晋二郎へ寄付すると発表
大谷晋二郎が試合中に重傷を負ったというニュースは海外でも大きな話題になっています。 日本のプロレス界を支えてきたベテランの将来は不透明。頚髄損傷の治療にはお金がかかることから、ZERO1は「何度でも立ち上がれ! 大谷晋二郎応援...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました