スポンサーリンク

【Impact】クリス・ベイが語る「205Liveへの出場経験」「インパクト・レスリングとのフルタイム契約」

インタビュー

インパクト・レスリング所属のクリス・ベイ。Bullet Clubのメンバーとしてもおなじみです。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦するかなと思ったのですが、不参加となり残念でした…。

2017年デビューの彼は、2019年にインパクトへの初参戦を果たします。実は、彼は同じ年にWWEのリングにも上がっていたのです。205Liveでアリーヤ・デバリとシングルマッチで対決し、2分30秒で敗れてしまいましたが、WWEスーパースターになることを夢見ていた彼にとっては貴重な経験です。

2020年にインパクトとフルタイム契約を結んだ彼は、WWEでのたった1度の試合についてどう考えているのでしょうか?トミー・ドリーマーのPodcast番組にゲスト出演した際、彼は次のように語っています。

205Liveの話が来た時に思ったのは、「これこそ俺がずっと欲しかったチャンスだ」ということ。WWEスーパースターになりたかったんだよね。昔は、プロレス界に団体がたくさんあることなんて知らなかったし。

その頃、インパクトはみんなから嫌われている状態だった。実際に仕事をしに行くまでは、実態がどうなっているのかもわからない。ただ、その頃にはたくさんの団体があることを知ってたし、どうしてもWWEじゃなきゃ嫌だとも思っていなかったよ。まあ、チェックリストから外したわけじゃないけどね。

若手として活動する中でいろんなことを学び、今はインパクトが一番だと考えたのでしょう。いつかベイがWWEのリングで活躍する日が来るかもしれません。

PWMANIA

あわせて読みたい

元WWEプロデューサーのパット・バックが語る「AEWへ移籍した理由」
元WWEプロデューサーで、今年のレッスルマニアでもローマン・レインズ VS ブロック・レスナーを手掛けたパット・バック。彼は現地4月4日にWWEを退団した後、すぐにAEWと契約し、プロデューサーとしてバックステージで働いています。 ...
アダム・コールがAEWとNXTのクリエイティブ・プロセスの違いを語る。「NXTは実践的、AEWは自由」
AEW・DynamiteとWWE・NXTによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に勝利したのはDynamiteでした。 視聴率などのレイティングを巡る争いをしていた両番組は似ている部分が多く、裏番組同士として放送され...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました