スポンサーリンク

【WWE】サーシャ・バンクスがNXTへの復帰に前向き。「ベストを尽くしたいと思い続けている女の子たちをリスペクトする」

インタビュー

WWEの人気女性スーパースター、サーシャ・バンクス。

RAW女子王座を5回、SmackDown女子王座を1回、WWE女子タッグ王座を3回。多くのタイトルを腰に巻いてきた実力派の彼女がWWEで初めて手にしたタイトルはNXT女子王座でした。2012年から2015年までNXTで活躍していた彼女は、今もブランドに愛を持っています。

WWEのヨーロッパツアーツアー中に行われた記者会見の中で、彼女は次のように語りました。

ケイデン・カーターとケイシー・カタンツァーロ(現カタナ・チャンス)のことが本当に好きなんだよね。一生懸命やってるし。2人とはディーボン・ダッドリーのプロレススクールで一緒にトレーニングをしたことがあるんだ。

2人の他にも、一緒にプロレスをしたいなと思う女の子はたくさんいるよ。パフォーマンス・センターは素晴らしいところだけど、もしもう1つ大きな舞台で、成長したい、学び続けたいと思うなら、私はそういうベストを尽くしたいと思い続ける女の子たちをリスペクトする。みんながとても長い間一生懸命やってきたのを知ってるし、みんなと戦ってみたいと思うな。

彼女は2020年にも短期的にNXTへ復帰し、紫雷イオとシングルマッチで対戦したこともあります。またNXTのリングに上がるサーシャ・バンクスの姿を見たいですね。

【AEW】ダスティン・ローデスが弟コーディのWWE復帰を語る。「父も喜んでいると思う」
2019年5月に開催されたAEWの旗揚げ興行「Double or Nothing」。 最も話題になったのは。コーディ・ローデスとダスティン・ローデスによるシングルマッチでした。兄弟同士のエモーショナルな試合はファンの心を掴み、...

(Cultaholic)

あわせて読みたい

元WWEプロデューサーのパット・バックが語る「AEWへ移籍した理由」
元WWEプロデューサーで、今年のレッスルマニアでもローマン・レインズ VS ブロック・レスナーを手掛けたパット・バック。彼は現地4月4日にWWEを退団した後、すぐにAEWと契約し、プロデューサーとしてバックステージで働いています。 ...
アダム・コールがAEWとNXTのクリエイティブ・プロセスの違いを語る。「NXTは実践的、AEWは自由」
AEW・DynamiteとWWE・NXTによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に勝利したのはDynamiteでした。 視聴率などのレイティングを巡る争いをしていた両番組は似ている部分が多く、裏番組同士として放送され...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました