スポンサーリンク

【WWE】Hell in a Cellで会心のパフォーマンスを披露のコーディ・ローデス。怪我中の強行出場は彼自身の強い意志によるものだった

ニュース

WWEのPPV「Hell in a Cell」でセス・ロリンズと対戦予定だったコーディ・ローデス。

先週、彼はトレーニング中に胸筋を断裂する怪我を負ってしまいました。それでも彼は試合に強行出場。彼の右脇から脇腹にかけてグロテスクに変色しており、コンディションが良くないことは明らかでした。

ブライアン・ダニエルソンとコーディ・ローデスが負傷していると報じられる
2人のトップレスラーが怪我に苦しんでいるようです。 Fightfulによれば、AEWのブライアン・ダニエルソンは今日出席予定だったマサチューセッツ州ニューベッドフォードでのファンイベントを欠席。訪れていたファンによれば、スタッ...

Cody Rhodes reveals the scars of battle: Hell in a Cell 2022 (WWE Network Exclusive)

しかし、それでも彼は一級品のパフォーマンスを披露。試合はファンから高く評価され、レスラー仲間たちも大絶賛でした。一刻も早く怪我を治し、万全の状態に戻ってほしい。しかし、それにしても凄まじいプロレスラーだ…という認識は共通認識になっています。

Fightfulによれば、強行出場は彼自身の強い意志によるものだったそうです。怪我をしたとしてもPPVを欠場するわけにはいかない、という強い責任感が彼をリングに向かわせたのでしょう。

その是非はともかく、コーディの凄まじさを再認識させる試合となりました。

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクの怪我&手術が判明したのはRampage放送直前だったと報じられる
Rampageの最新回で負傷と手術の必要性を明かしたCMパンク。AEW世界王座を獲得して間もなく離脱してしまうことは、彼にとって痛恨の出来事でしょう。 本来であれば、彼はAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidd...
【WWE】マット・ハーディー「ビンス・マクマホンはブレイ・ワイアットに『お前はギミックを演じきれていない』と言い放っていた」
2021年7月にWWEを退団したブレイ・ワイアットと団体最高責任者ビンス・マクマホンの間には複雑な関係があったとされています。 基本的に、ビンスはワイアットのパフォーマンスが大好きで、彼のことを考えている時間は多かったようです...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました