スポンサーリンク

【AEW】飲酒運転で逮捕のジェフ・ハーディー。テレビ局親会社から「広告から削除せよ」とAEWに指示があったと報じられる

ニュース

飲酒運転で逮捕されたAEWのジェフ・ハーディー。約2年半ぶり5度目の逮捕となりましたが、影響は大きそうです。

【AEW】ジェフ・ハーディーが逮捕される。約2年半ぶり5度目
プロレス界には「よく逮捕される人たち」がいます。現役だとジミー・ウーソとジェフ・ハーディーですが、2大巨頭のうちの1人が月曜日に逮捕されたようです。 報道によれば、ジェフはフロリダ州ヴォルシア郡で交通に関する3つの違反、飲酒運...

レスリング・オブザーバーによれば、AEWは、Dynamiteなどを放送するテレビ局の親会社ワーナーメディアから「ジェフを全ての広告から削除せよ」という指示を受けたそうです。Dynamite放送中に伝説級のプロモを披露して放送事故を起こしたMJFと同様の処分を求めているようですね。

この影響か、今週のDynamiteで行われる予定だったハーディーズ&ヤング・バックス・ジュラシック・エクスプレスによる3-way タッグラダーマッチに関する宣伝にストップがかかっています。

また、彼は今週末にAAAの「Triplemania」へ参戦し、ドラゴン・リー&ドラリスティコ(元ミスティコ)とのタッグマッチに出場する予定でしたが、こちらもキャンセルとなる可能性があるとのこと。もしそうなれば、尻拭いをするのはFTRになるようです。

ジェフはこういう人なので、雇うのはリスクがあるんですよね。飲酒運転癖は治らないのか…。

(Wrestling Inc, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】アンドラーデ & ルチャ・ブラザーズが新日本プロレスとの「Forbidden Door」を欠場へ
メキシコのプロレス界は複雑で、老舗団体CMLLはAAAの存在を非常に嫌っています。よっぽどの例外でもない限り、CMLLのルチャドールがAAA参戦レスラーと試合をすることはありません。 昨日、AEW所属で、AAAにも参戦している...
エディ・キングストンが「WWEではなくAEWとの契約を選んだ理由」を明かす。母にこう言われた…
AEWのトップレスラーの1人として活躍中のエディ・キングストン。 激しいスタイル、日本のプロレスへのリスペクトを随所に感じられるムーブセット、熱いマイク。好きになる要素しかない2002年デビューのベテランは、2020年にAEW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました